通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

インテリア資格人気ランキング

time 2016/10/16

インテリア資格人気ランキング

インテリア(interior)とは、英語で内部、内面そして室内を意味する形容詞です。日本では広義に解釈して「室内装飾(品)」という意味で使っています。具体的には照明、家電、装飾家具など、さらに広げて装飾目的の植物までインテリアグリーンとして含めています。インテリアはまた装飾品とともに、それらを飾った室内空間まで広げて解釈しています。家具はもちろん、カーペットや壁紙、カーテン、照明器具、キッチンなどの設備や機器もすべてインテリアという考え方です。

インテリアの資格は、人、空間、モノ(室内装飾品)の調和を追求、コーディネートする能力持った人に与えられます。インテリアデザイナーになるためには、なければならないという資格はありません。しかし、資格を取得すれば、インテリア、建築、デザインの業界に就職する際、あるいは就職後も差別化することができる武器として役立ちます。転職を考える人にも有利になります。

インテリアデザイナーが活躍する分野は、大別して2つあります。1つは住宅やホテル、オフィスなど、室内空間の環境設計を行う分野です。建築設計士、施工主、依頼者らと打ち合わせて、より個性的で快適なデザインを作成する手助けをします。もう1つはインテリアつまり室内装飾品を設計する分野であり。企画・基本設計の段階から室内空間の創造に深くかかわります。

ランキング1位「インテリアデザイナー」資格

日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する資格です。アドバイザーとして知識と技術、それを実務で活用できる能力を持っていることを認定します。インテリアアドバイザーとして働きたい人は言うまでもなく、インテリア・建築関連の企業で働いている人や起業しようという人も対象にしています。

インテリアデザイナーは、コーディネーター、アドバイザー資格が対象とする領域を網羅する仕事を扱います。資格が必須ということはありませんが、インテリアデザイン事務所やメーカー、設計事務所、建築会社などで活躍する場面が多くなります。また経験を積み、実力次第では起業することもできます。資格があれば、インテリアデザイナーとして信頼度も上がり、活躍の場は広がります。

受験資格は特にありません。受験料は1万円。インターネットから申込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上の評価が必要です。

日本デザインプランナー協会(JDP)

資格TOPページ

ランキング2位「インテリアアドバイザー」資格

日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する資格の1つ。依頼者の要望に合わせて、インテリアアドバイザーとしての知識・技術とそれを実務で活用できる技能を備えた人で、インテリア空間を提案できる能力を持っている人を認定します。

認定試験はインテリアデザイナーと同条件です。

日本デザインプランナー協会

資格TOPページ

ランキング3位「インテリアコーディネーター」資格

公益社団法人インテリア産業協会が認定する資格。インテリアに関する幅広い商品知識を持ち、インテリア計画や商品選択のアドバイスができる資格です。資格を持った人は、住む人にとって快適な住空間を作るために適切な提案・助言を行なえるプロフェッショナルです。インテリア産業協会が認定し、産業能率大学が通信講座を提供しています。数ある資格の中で最も難しい資格と言われ、難易度は60程度です。試験合格者の大半が女性というのはどういうことでしょうか?

家具やカーテン、壁紙などインテリア商品のメーカーやショールーム、販売店、設計事務所に活躍の場が提供されます。住まいの専門知識と即戦力のあるスペシャリストとして、さまざまな職場から活躍することを期待されます。

インテリア産業協会
https://www.interior.or.jp/

ランキング4位「インテリアプランナー」資格

公益財団法人建築技術教育普及センター(JAEIC)が認定する国家資格です。インテリアプランニングの企画・設計・工事監理など、インテリアについての知識と技術に習熟した専門職を養成します。センターが実施する試験に合格した人に与えられる資格です。2015年末までに、全国で7000人余りの資格者が在籍し、インテリアデザイン事務所、建築設計事務所、インテリア施工会社、建設会社などさまざまな現場で活躍しています。2016年度から、インテリアプランナー資格試験制度が変更され、学生や一般の人に資格取得の可能性が広がっています。

受験料は2万6250円。

建築技術教育普及センター
http://www.jaeic.or.jp/
関連省庁:国土交通省(http://www.mlit.go.jp/)

ランキング5位「インテリア設計士」資格

日本インテリア設計士協会(SJIT)が認定する資格。インテリアの設計や施工技術、管理技術を持った人が検定試験で取得できる資格です。この資格は1級と2級に分かれています。インテリア設計士資格は、住宅や集合住宅、オフィスビル、商業施設、モデルハウスなどで、リノベーションを含むインテリアを設計して、より快適で安全、魅力的なインテリア空間を提供します。

検定料は、2科目(学科・実技)受験で1万5000円、1科目受験で1万円。

日本インテリア設計士協会
http://www.jp-interior.or.jp/

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ