通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

カウンセリング資格人気ランキング

time 2016/11/09

カウンセリング資格人気ランキング

心理学の分野は活躍できる分野が広がっており、需要が高い資格となっています。ストレス社会と言われている現代だからこそメンタルヘルスケアはなくてはならない、必要とされている資格です。そのほとんどが在宅受験でき、合格率も高くなっています。カウンセリング資格は企業や団体で働くだけではなく、開業することも可能です。また、身についたことは家庭でも活かせるの特に女性からの人気が高まっています。そのようなカウンセリングの資格をランキング形式で紹介いたします。

 

1位  メンタル心理ヘルスカウンセラー

 心理学の基礎知識や様々なストレスから起きる症状、症状別の治療方法を十分理解していて、カウンセラーとして活動できると判断すれば、日本アロマメディカル心理セラピー協会が認定する資格です。出来る限り相手の話を聞き、その状況に合ったストレスの軽減方法を提案することが求められるので、やりがいがある仕事として人気が出ています。また、初心者であっても資格は取れます。そして何より在宅で試験を受けることができるというので人気があります。

 

2位  メンタル心理インストラクター

 カウンセリングという相談援助知識、カウンセリングに関わる倫理、インテーク面接、共感的理解移転、適応機制、カタルシス、心理アセスメント、チーム医療、地域精神医療、ケースカンファレンス、来談者中心療法、指示的カウンセリングなどを十分に理解し、日本インストラクター協会が主催する認定試験に合格すれば資格が取得できます。資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。カウンセラーを目指しているなどの方の他に、資格取得者の中には家族との接し方、会社での接し方のためにインストラクターの知識を活用することができるので、人気となっています。

 

3位  メンタル心理ミュージックアドバイザー

音楽は心を落ち着かせ、リフレッシュさせる心理的効果があります。その他、ストレス緩和や痛みを和らげる効果も期待できるので、現在では、音楽療法として、医療や福祉施設で活用されており、注目を浴びています。音楽に関する知識がなくても、趣味の延長線上から始めることができます。日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催をし、在宅での受験のため気軽に試験を受けることができ、資格取得後は独立して開業、セミナーやスクールの講師として活動したり、医療や福祉施設での治療方法のアドバイスを行ったりと幅広いビジネスの可能性があり、さらに、仕事としてではなく、プライベートでも家族や友人にもメンタル心理ミュージックアドバイザーとして学んだ知識を発揮できるので人気があります。

 

4位  ストレスケアマネージメント

 ストレスだらけの現代でストレスの要因は人それぞれです。またストレスとうまく付き合っている方、下手な方、ストレスの受け方も人それぞれです。そのストレスとの接し方、自分の感情との向き合い方など、心理トレーニングを活用したストレス対処方法など、ストレスマネジメント能力が必要とされるのが、ストレスケアマネージメント資格です。ストレスケアの方法を知識として身に付けておけば自分の精神コントロールだけではなく、職場環境や家庭環境などを良好に築いていくことができるので人気があります。また、この資格も在宅受験となっているので人気があります。

 

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ