通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

カクテルコンシェルジュ認定試験口コミ評判

time 2017/03/10

見た目も華やかなカクテルは女性に大人気。

バーなどでカクテルを頼んで飲むのもいいですが、自分で作れたらいいなと思いませんか?

自分でカクテルを作れるようになれば、自分好みのカクテルを調整して作ることができます。

また、家飲みをするときに、自宅でも友人を招く際におもてなしとしてカクテルを振舞うこともでき、盛り上がること間違いなしです。

今回はカクテルについての資格である「カクテルコンシェルジュ認定試験」についてご紹介したいと思います。

■カクテルコンシェルジュ認定試験とは?

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。

出題範囲はカクテルに関する知識、カクテルの作り方・技法、道具の選び方、実際のカクテルを作る為の知識・技術を持っている方に与えられる資格です。

アルコール度数の調整方法、好みの色に作るリキュールの選び方、卵や生クリームを使ったカクテルをつくるポイント、季節似合わせた素材の選び方やスパイスを使ったカクテルの作り方、ノンアルコールカクテルの作り方、材料入手のためのポイント、自宅でカクテルを楽しむためのポイントなど、カクテルに関するあらゆる知識について出題されます。

受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。試験は2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

■カクテルの種類

カクテルは認識されているもので数百種類ものレシピがあると言われていますが、一般的に浸透していないものも含めると数千種にも及ぶと言われています。

カクテルと聞くとシェイカーを振って作るお酒をイメージしがちですが、様々な作り方があります。

難しい技法のカクテルもあれば、お酒とその他の材料を量って混ぜ合わせるだけといった簡単なカクテルもあります。

カクテルを作るにあたってベースとなるお酒の特徴を知識として理解しておくことは非常に重要です。慣れてくると、お酒とその他の材料の組み合わせたときに相性がいい味というものが感覚としてわかってきます。

ベースとなるお酒はジン・ラム・ウォッカ・テキーラを揃えておけば一通りのレシピを作ることができます。ワインベースやスピリッツベースなどもありますが、どちらかというと変わったカクテルに入りますので、上記の4つがあれば大方の種類のレシピを作れます。

■カクテルコンシェルジュ認定試験の口コミ

日本インストラクター協会の資格は講師として活躍したい方や独立してフリーで働きたい方に適した資格が揃っています。「インストラクター」という名前の通り、人に知識や技術を教えることに特化しているので、人に教えるのが好きな方には適していると言えるでしょう。各スキルについて一定の知識・技術があることを証明するので、資格を取得したことで就職や転職に役立てることができると評判です。

カクテルコンシェルジュ認定試験を取得することによって、飲食店やバー、ホテルなどの就職に役立ちます。

また、カクテルコンシェルジュとして独立して働きたいという方や、カクテルについて勉強したい方向けに養成講座を開いてもいいでしょう。

仕事に結びつけなくとも、自宅で新しいカクテルのレシピの開発をして楽しむことができます。

カクテルの世界は奥深いので、追求すればするほどその奥深さに気づき、もっと追求したいと思うはずです。

いかがでしたか?

カクテルコンシェルジュ認定試験を取得することによって趣味としても生かすこともでき、また仕事にもつなげることができます。

興味をお持ちの方は是非取得してみてはいかがでしょうか?

以上、カクテルコンシェルジュ認定試験のご紹介でした。

日本インストラクター協会のカクテルコンシェルジュ認定試験詳細はこちらから↓

https://www.jpinstructor.org/shikaku/cocktail/

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ