通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

カラーアドバイザー認定試験口コミ評判

time 2016/11/07

カラーアドバイザー認定試験口コミ評判

さまざまな商品のデザインにおいて、形や質感とともに、もっとも重要視される要素として、カラーがあります。カラーは人の情緒に直接、ある種の働きかけをしてきます。商品としての機能にしても、カラーの組み合わせ次第で印象ががらりと変わってきます。そして何よりも、カラーひとつで、その商品の売れ行きさえ左右されます。

現代社会では、商品開発や設計の場面において、カラーが極めて重要なポイントを占めています。ところが、カラーについての専門家の存在は、つい最近まで無視されてきました。デザイナーが個々の感性に基づいてカラーを決めることが、当たり前に行われてきたのです。しかし、カラーのもつ効果が科学的に解明されるにつれて、今、大きな変化が起きています。

最近では商品の開発・設計において、カラーのことを熟知した専門家の意見を取り入れることを、多くの企業が実施しています。それに伴い、優秀なカラーアドバイザーを求める声が、さまざまな業界から聞こえるようになりました。こうした動きと連動するように、日本デザインプランナー協会が主催する「カラーアドバイザー認定試験」への注目度も、高まっています。
そこで、カラーアドバイザー認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

カラーアドバイザーは今後の注目株!

カラーアドバイザーとは、色彩の性質や特質を理解し、クライアントに対して色彩についての的確な助言を提供できる技能をもった人に認められる資格です。日本デザインプランナー協会によって実施されるカラーアドバイザー認定試験に合格することで、カラーアドバイザーの資格を得ることができます。

カラーアドバイザー認定試験に合格した人たちは、具体的にどのような仕事を行っているのかを、ネット上で検索してみました。すると、建築関連の企業やインテリア関連企業、商品開発を行う広範囲な企業やファッション業界にて、カラーアドバイザーとしての知識と技能を活かしていることがわかりました。
また、最近ではさまざまな企業と契約を結び、カラーについての助言を行うことを生業とする専門業者も、各地に生まれています。こうした企業で働いているカラーアドバイザーも、見受けられました。

また、どこかの企業に属するのではなく、独立して開業することでクライアントを募り、フリーのカラーアドバイザーとして活躍している人もいます。この場合は、ある程度の実績が必要になるため、カラーアドバイザーとしての実務経験を積んだ後に、独立することが多いようです。

カラーアドバイザーの仕事は、次第にその裾野を広げつつあります。将来的にも、今後のさらなる発展が望める有望資格といえるでしょう。

カラーアドバイザー認定試験の口コミ・評判

カラーアドバイザー認定試験に合格した人の多くは、カラーアドバイザーの資格を取得してよかったと、ブログや掲示板などに書き込んでいます。カラーについての科学的な検証が行われるようになったのは、つい最近のため、多くの人はカラーについての予備知識を一切もっていなかったそうです。そのため、カラーについて深く学ぶことにより、新鮮な発見がいくつもあったと語っています。

プロのカラーアドバイザーとしての知識と技能を身につけることにより、職場での存在感が以前に比べて増したと、多くの合格者が感じているようです。カラーアドバイザーの資格は、さまざまな業界で役に立つ資格といえるでしょう。

では、カラーについてどのような勉強をすれば、カラーアドバイザー認定試験に合格できるのでしょうか? 実は、合格者のほとんどが通信講座を利用しています。通信講座では基本のキの字から教わることができるため、色彩についての知識を自然に身につけられると指摘されています。

さらに、通信講座のうれしいポイントは、カリキュラム通りに学習を進めることで、カラーの専門家としての他の資格も、あわせて取得できる実力が備わることです。日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催するカラーセラピー認定試験や、日本インストラクター協会が主催する色彩インストラクター認定試験も、併せて取得している人が多いようです。
この3つの試験は、試験範囲が重なる部分が多いため、同時期に受験することで、効率よく合格できるとのことです。

カラーの専門家は比較的新しい分野のため、まだ競合相手が少なく、恵まれた環境にあります。今のうちに資格を取得することで、大きなアドバンテージを得られることでしょう。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ