通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

キッチン資格人気ランキング

time 2016/11/21

キッチン資格人気ランキング

「男子厨房に入らず」という言葉があるように、以前はキッチンは女性が家事をして長時間過ごす場所でした。アイランドキッチン、ペニンシュラキッチン、セパレート型キッチン、I型キッチン、L型キッチンなどが登場するようになってからは、家族で一緒に料理をして過ごしたり、家族が自由に出入りするようになりました。新築やリフォームでキッチンを見える場所に設計し、料理する人の使いやすいようにし、最新設備を設置して、誰が見てもオシャレだと思うキッチンにしていても、キッチンの設備や基礎知識が不足するとやはり使い勝手の悪さが出てくる可能性があります。また、キッチンが汚れていたりすると心に余裕がなく、料理にも影響することがあるように、キッチンでの過ごしやすさが料理にでてきます。そんなキッチンと深層心理の関係や、どうすれば快適なキッチンになるのかなど、建築業界やインテリア関係の仕事に就いている方が正しい知識を身につけようと資格を取る方が増えてきています。キッチンの資格を人気ランキングで紹介します。

1位  キッチン心理カウンセラー

キッチン心理カウンセラーとは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催で心理学の基礎知識、キッチンやダイニングの快適さを工夫したり調整したりでるスキルを持っていることを証明する認定資格です。心理学の基礎が身に付くだけではなく、キッチンの環境も含めて生活全般のカウンセリングができるようになります。受験資格がなく、誰でも受けることができ、在宅受験となっているので、資格が取りやすく、キッチンに不快感がある女性、キッチンの使い勝手の良さを追求する女性や女子力を上げたい女性に特に人気です。資格取得後は建築関係の仕事に就くだけでなく、カウンセラーとして活動することができます。

2位  キッチン心理アドバイザー

キッチン心理アドバイザーは日本インストラクター協会(JIA)が主催する資格で、心理学の基本知識・応用知識を持ち、食品や飲料が心身にもたらす作用やリラックス効果、快適さを心理学の面から相談者へ的確なアドバイスができること、更に地域医療の考え方やチーム単位での心理アプローチの方法も身についていることを証明します。心理学や医療関係など幅広く知識を広げることができます。受験資格がなく誰でも試験を受けることができ、在宅受験となっているので比較的取りやすい資格となっているのが人気となっています。資格取得後はキッチン心理アドバイザーとして知りえた知識を教えることができるので、自宅やカルチャースクールで講師として活動することができます。

3位  キッチンスペシャリスト

キッチンスペシャリストとは、公益社団法人インテリア産業協会が主催で行う認定資格で、キッチン空間における各設備に関する知識や法律・技術分野の知識、生活者のニーズに合わせて快適で使いやすいキッチンを提案し、アドバイスできるスペシャリストの証明をします。資格取得後は、キッチンメーカーや設計事務所、工務店、リフォーム会社等でキッチンのプラニングや相談をすることができます。また、資格を取得することで、自分のキッチン空間をより快適にすることもできるようになります。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ