通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

time 2016/11/04

キャンドルデザインマスター認定試験口コミ評判

最近は女性を中心に、DIYがブームになっています。DIYといっても日曜大工のような難しいものではなく、100円ショップで売られている安い素材を用いて、ちょっとしたアイデアと工夫により、実用品や小物などのインテリアを制作することが流行っています。そのひとつのジャンルとして人気を保っているのが、オリジナル・キャンドル作りです。手軽にキャンドルを自作し、ロマンチックな時間を演出する女性が、今、確実に増えています。

キャンドル作りがブームとなっているなか、ひときわ注目されているのが、日本デザインプランナー協会が主催する「キャンドルデザインマスター認定試験」です。DIYをさらに発展させ、商品として販売できるだけの美しいキャンドルを作りたいと希望する人たちの間で、キャンドルデザインマスター認定試験合格を目指す動きが、活発化しています。そこで、キャンドルデザインマスター認定試験の口コミと評判について、まとめてみました。

キャンドルデザインマスターが注目されている理由とは!

キャンドルデザインマスターとは、キャンドル製作に必要な知識と秀でた技術をもっていることを、日本デザインプランナー協会が認定する資格です。在宅での受験ができるキャンドルデザインマスター認定試験において、70%以上の評価を得ることで、資格を取得できます。試験ではキャンドル製作に必要な材料や道具の知識、各種のキャンドルの特徴、製作工程で注意すべきことなど、キャンドル製作全体の知識と技能が問われます。

では、キャンドルデザインマスターの資格を取得することのメリットとはなんでしょうか? ネット上の情報を検索してみたところ、もっとも多く聞かれた口コミは、オリジナルキャンドルの販売がスムーズに行えるようになった、あるいはキャンドル製作のスキルを教える講師としての活動の場が広がった、とするものです。

オリジナルキャンドルの販売は、ネット上のオークションサイトや、ハンドメイドの売買を専門に行うサイトを通して行うことが一般的です。その際、キャンドルデザインマスターの資格をもっていることをアピールすることで、作品に対する信用度が増し、販売数が伸びたとする声が投稿されていました。顔が直接見えないネット上の取引では、商品に興味をもってくれた人に対して、商品自体、及び自分の信用をどれだけアピールできるかで、販売数が異なってきます。その際、権威のある第三者機関である日本デザインプランナー協会が認定するキャンドルデザインマスターの資格は、大きな威力を発揮するとのことです。オリジナルキャンドルを専門で販売している人の声だけに、十分信頼できます。

また、資格自体の役立ち度はもちろんとして、資格を取得するためにキャンドル製作について学んだ知識と技能により、商品レベルとして通用するだけの質の高いキャンドルが作れるようになったとする報告も、多数寄せられています。ネットの口コミや評判をのぞいてみると、キャンドル製作をする上で、キャンドルデザインマスターは実に有用な資格と言えるでしょう。

キャンドルデザインマスター認定試験の口コミ・評判

キャンドルデザインマスター認定試験に早期に合格するための、もっとも確実な方法は、通信講座を利用することです。通信講座であれば、はじめから、キャンドル製作に必要な用具などがセットで届くため、すぐにキャンドル製作をはじめることができます。キャンドル作りがはじめての人でも、通信講座のカリキュラムにしたがって課題をこなしていくことにより、キャンドルデザインマスター認定試験に合格できるだけの実力が自然に身につけられると、多くの合格者が指摘しています。

試験に合格するためには、体系的な知識と技術をマスターすることが重要です。通信講座を活用することで、合格に必要なすべてを、効率よく習得できます。早い人で2ヶ月、ゆっくりマイペースで進めても6ヶ月もあれば、合格レベルに達するようです。
キャンドル作りを趣味の延長として、あるいは副業の域にまで高めたいのであれば、まずはキャンドルデザインマスター認定試験の合格を目指して、通信講座で学ぶとよいでしょう。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ