通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

キャンドル資格人気ランキング

time 2016/10/10

キャンドル資格人気ランキング

クリスマスキャンドルはもちろん、誕生日、結婚記念日など家庭でする記念日に、手作りのキャンドルが雰囲気をさらに盛り上げます。キャンドルは女性に人気の癒やしアイテムです。アイディア次第で、球体、円柱形、立方体などさまざまなキャンドルが作れます。これがベーシックキャンドルです。

さらに水に浮かべるフローティングキャンドル、アルミやプラスチックのカンに入れたカップキャンドル、グラス、陶器などの器に入れたグラスキャンドル、人形や動物とあしらったモチーフキャンドルなど、アイディアを活かせば独創的なキャンドルを次々と創作することができます。

ワックスとそれを入れる容器などを組み合わせるだけで、比較的簡単に制作できることから、女性に人気があり、趣味として始める人が多くいます。キャンドル資格は、キャンドル作りの知識と技術を持ち合わせる人に与えられます。同時に、キャンドルの知識、歴史、仕組み、使い方を教えることも求められます。

ランキング1位「キャンドルデザインマイスター」資格

日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する資格です。通信教育や専門機関でキャンドルを学べるコースを受講し、キャンドル制作に欠かせないテクニックや制作に使う道具の使い方、ラッピングの方法、キャンドルの歴史まで勉強します。協会はそういう人を対象にして年6回認定試験を実施します。

認定試験の受験料は1万円。インターネットで申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上の評価。試験内容はキャンドルの材料・道具、作り方の基本と技法、オリジナルのキャンドル、レシピ、キャンドルのアレンジなど。比較的やさしくて人気があります。 また、諒設計アーキテクトラーニングが、この資格と人気2位のアドバイザーのW資格手時講座を開いています。

日本デザインプランナー協会

資格TOPページ

ランキング2位「キャンドルアドバザー」資格
日本インストラクター協会(JIA)が認定する資格。ベーシックキャンドル(ラウンド・スクエア・コーン・ボール・テーパー・スパイラルなど)、フローティングキャンドル、カップキャンドル、グラスキャンドル、モチーフキャンドル、アロマキャンドルなどの作成技法や素材の利用法をほかの人に教えることができるレベルまで知識を習得した人に認定する資格です。

受験資格は特になし。受験料1万円。インターネットから申し込み、在宅受験できます。合格基準は70%以上。年6回認定試験。

日本インストラクター協会
https://www.jpinstructor.org/

ランキング3位「キャンドルマイスターディプロマ」資格。日本ヴォーグ社が通信講座で認定する資格。講座はスタンダードコースとアーティフィシャルコースの2つがあります。

スタンダードコースは3作品と色見本作り、アーティフィシャルコースでは7作品、合計10作品を制作します。基礎から応用まで技術を学びます。10作品作りのDVDを販売。基本材料は受講料とセットになっています。

講座料は両コース併せて6万6286円。

日本ヴォーグ社
http://school.nihonvogue.co.jp/tsushin/detail/candleMeister/

ランキング4位「JCA認定キャンドルアーティスト」資格

日本キャンドル協会(JCA)の講座コースを修了して認定される資格です。キャンドルアーティストコースは全3回の講習で、受講料3万9000円。

第1回(講義)は、JCA公式テキストを使用し、キャンドルアーティストに求められるキャンドル制作知識、空間装飾、マーケティングに関する知識を学びます。
第2回(自由制作)は、オリジナルキャンドルを制作するノウハウを習得します。
第3回(検定試験)は、検定試験を実施し、合格すると公式に資格認定を受けます。

日本キャンドル協会
http://japan-candle.org/

ランキング5位「キャンドルインストラクター」資格

日本キャンドル協会(JCA)により公式認定された資格。キャンドルインストラクターコースは全3回の講習で、受講料は3万6000円。

第1回(レシピ製作基本講座)は、ケーススタディーを通じてキャンドルレッスンのレシピ製作方法を学びます。
第2回(オリジナルレシピ制作)は、講師のアドバイスの下でオリジナルのキャンドルレッスンレシピを制作します。
第3回(レッスン実技試験)は、実技試験を行って習得技術・コスト管理・時間配分などの審査をします。合格すると公式に資格認定を受けます。

日本キャンドル協会
http://japan-candle.org/

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ