通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

クチコミからわかる「実践空間ディスプレイデザイン認定試験」合格への道

time 2014/07/15

クチコミからわかる「実践空間ディスプレイデザイン認定試験」合格への道

「空間ディスプレイデザイン」という言葉が今話題となっています。「空間ディスプレイデザイン」とは、スーパーやデパートなどの商業スペースから、イベント会場など公共のスペースなどのいわゆる「空間」について、その陳列や照明を含めたレイアウト、デザインを演出することで、このような演出を手がけるスペシャリストのことを「空間ディスプレイデザイナー」と呼びます。

実は、この「空間ディスプレイデザイナー」が注目されるのには理由があります。一つは、各企業はデフレでモノの値段が下がり続けていることに対し、店舗などで消費者に購買そのものを体験させることによってモノの付加価値を高めようとしていることが挙げられます。そしてもう一つは、価値観の多様化により、空間ディスプレイそのものが難しくなってきており、優秀な「空間ディスプレイデザイナー」が求められているためです。

それでは、どうしたら「空間ディスプレイデザイナー」になることができるのでしょうか?その登竜門と言われているのが日本デザインプランナー協会が実施する「実践空間ディスプレイデザイン認定試験」です。この資格試験に合格することで、「空間ディスプレイデザイナー」への道がぐっと近づくと言われています。クチコミによると、この資格試験に合格するためには、以下の学習方法があるようです。

①通信講座を受講する
「実践空間ディスプレイデザイン認定試験」は比較的新しい資格試験であるものの、いくつか通信講座があるので、それを利用することも可能です。普段は仕事をしている人なども、自分のペースで学べますし、受講コストもスクールほどかからずリーズナブルですので、クチコミによると多くの人は通信講座を利用しているようです。

②スクールを受講する
「実践空間ディスプレイデザイン認定試験」では、技術力も問われます。もし講師の方に直接質問したい場合などは、スクールで対応講座を受講するのが良いでしょう。

③独学で学習する
比較的新しい資格試験なので、あまり受験対策本がないとはいえ、独学で合格することも不可能ではないようです。ただ、ある程度の知識量が問われますので、学習プランをしっかりと立てて受験を目指すことが望ましいといえるでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ