通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

クラフトハンドメイドマイスター認定試験口コミ評判

time 2016/11/03

クラフトハンドメイドマイスター認定試験口コミ評判

最近では、店内の一角にハンドメイドのコーナーを設けているショップが増えてきました。たとえば靴屋や花屋をのぞいてみると、靴や花とはなんの関係もない手芸品や革製品が並んだハンドメイドのコーナーを見かけることがあります。実はこうした現象は、街角の商店街に限ったことではなく、世界規模で起きている大きな流れなのです。ハンドメイドは今、世界中で注目されています。
日本デザインプランナー協会が主催する「クラフトハンドメイドマイスター認定試験」は、こうしたハンドメイドの一大ムーブメントを受け、今、大いに注目されています。
クラフトハンドメイドマイスター認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

クラフトハンドメイドマイスターって役立つの?

クラフトハンドメイドマイスターとは、手芸品を中心に、装飾用糸の扱い方や布の染め方など各種のクラフトの知識に加え、優れた創作スキルをもつ人に与えられる資格です。日本デザインプランナー協会の「クラフトハンドメイドマイスター認定試験」に合格することで、資格を得ることができます。

今日では世界的にハンドメイドが大流行しています。これまではブランド品が、そのブランドの信用力とイメージを武器に、世界の市場を席巻してきましたが、こうした動きとは逆行するように、ハンドメイドのぬくもりや個性の放つ魅力が、世界中の人々に支持されています。日本においても同様です。
店舗の片隅にあえてハンドメイドコーナーが設置されているのは、クラフトハンドメイドに興味をもつ人が多いため、確実に集客へとつながるとともに、店内をじっくりと見てもらうことで、商品の売り上げも増大するからです。

クラフトハンドメイドの販売と制作に携わる人たちが増えるにしたがって、クラフトハンドメイドマイスター認定試験の注目度も、上昇の一途をたどっています。ハンドメイド作品の需要は増しているにもかかわらず、商品として販売できるだけのクラフトハンドメイドを作れる人の数は、まだまだ不足している状況にあります。そのため、クラフトハンドメイドマイスターの資格を得ることで、手芸品や革製品の作り方を講師としてレクチャーできることには、大きなメリットがあります。

各種のクラフトハンドメイドを実際に制作できるようになる教室は、現在、どこでも人気があります。ハンドメイドブームのあおりを受け、クラフト作品を作りたいと希望する人が増えているからです。クラフトハンドメイドマイスター認定試験に合格することで信用度が増し、講師としての活動を展開できるようになります。つまり、クラフトハンドメイドマイスターは、副業としてもかなり役立つ資格と言えます。

クラフトハンドメイドマイスター認定試験の口コミ・評判

クラフトハンドメイドマイスター認定試験の合格率は、おおむね50%前後となっています。知識だけではなく、実際の創作スキルが問われるため、独学で臨んでも、なかなか合格できない試験であることが、ネットの情報から浮かび上がってきます。では、クラフトハンドメイドマイスター認定試験に合格するためには、どのような対策を立てればよいのでしょうか?

クラフトハンドメイドマイスター認定試験合格者の多くがあげているのが、通信講座の利用です。通信講座では、はじめからクラフトハンドメイドマイスター認定試験突破を目指したカリキュラムが組まれています。そのため、知識ゼロからはじめても、カリキュラム通りに課題をこなしていくことで、手芸品や革製品のハンドメイドの知識と技能が自然に身につくようになります。通信講座の全課程を終える頃には、クラフトハンドメイドマイスター認定試験に合格できるだけの実力を、誰でも備えることができるようです。

実際、通信講座の課題をすべてやり終えた人のほとんどが、クラフトハンドメイドマイスター認定試験に一発で合格を果たしています。継続して課題をこなすことさえできれば、どんなに不器用な人でも、誰にでも合格できる試験が、クラフトハンドメイドマイスター認定試験といえるでしょう。

クラフトハンドメイドマイスター認定試験は在宅での受験ができるため、気軽に臨むことができます。受験料も1万円ですので、資格試験としては安価です。クラフトハンドメイドの制作を楽しみながら、講師活動を通して副業としても稼ぐこともできるため、クラフトハンドメイドマイスターの資格を得ることのメリットは、十分にあると言えるでしょう。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ