通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

スパイスインストラクター認定試験口コミ評判

time 2016/11/12

スパイスインストラクター認定試験口コミ評判

今日では大きめのスーパーに行くと、さまざまなスパイスが並んでいます。ネットショッピングでも、世界各国の有名なスパイスを簡単に手に入れることができます。以前に比べると、スパイスはずいぶん身近な存在になったといえるでしょう。

それとともに、スパイスについての情報もまた、ネットにあふれています。スパイスの使い方ひとつで、料理の味と香りは大きく異なってきます。たとえば日本のラーメン店でも、従来までは見たこともないスパイスが組み合わされて使われているケースが、増えています。料理の味を引き立てるために、もはやスパイスの知識は不可欠になっています。

そこで今、スパイスについての専門知識と技能をもった人が、中華や和食・フレンチを問わずに、求められています。そんななか、日本インストラクター協会が主催する「スパイスインストラクター認定試験」の人気も、高まりつつあります。スパイスインストラクター認定試験についてのネット上の口コミと評判について、調べてみました。

スパイスインストラクターって、どんな資格なの?

スパイスインストラクターとは、世界中に存在するさまざまなスパイスの種類とともに、スパイスごとの味と香り、そして効能について知り尽くし、料理にあわせてスパイスを適切に使用できる技能をもつ人に与えられる資格です。さまざまな分野を対象に、インストラクターとして指導にあたれるだけの知識と技能をもつと認定した人に資格を発行する日本インストラクター協会が、年に6回実施するスパイスインストラクター認定試験に合格することで、この資格を取得できます。

スパイスインストラクターの資格を取得することで、スパイスについてのインストラクターとしての仕事ができるようになります。競合が激しい飲食業界では、他店とひと味違うオリジナル料理を創作することに、熱意を注いでいます。その際、スパイスについての知識と技能が必須となるため、スパイスインストラクターの指導を受けることが多くなっています。

スパイスインストラクターは、こうしたスパイスについて学びたい人に、専門的な知識を教えることを仕事としています。ネットからスパイスインストラクターの仕事ぶりについて検索してみると、飲食店と契約を結び、スパイスについてのアドバイザーとして活躍している人もいれば、自宅やカルチャースクールで教室を開き、スパイスについての講師活動を行っている人もいました。

スパイスひとつで料理の味わいは千差万別するため、グルメブームの今、スパイスインストラクターの需要も、高まっているようです。

スパイスインストラクター認定試験の口コミ・評判

スパイスインストラクター認定試験についてネットで調べてみたところ、スパイスについての世界各国の歴史や代表的なスパイスの特徴と品質管理方法、各スパイスの賞味期限と保存方法、料理で使う際の注意すべきことなど、スパイスについての広範な知識が問われるようです。

70%以上の得点をとれば合格できる試験のため、それほど高いハードルが設けられているわけではありません。しかし、かなり専門的かつ実践的な知識とスキルが問われるため、生半可な勉強ではなかなか合格に至らない試験といえそうです。

では、どのようにしてスパイスについて学べばよいのか迷うところですが、スパイスインストラクター認定試験に実際に合格した人の声に耳を傾けることで解決することができます。ほとんどの合格者が指摘していることは、不思議に共通しています。それは、スパイスについて学べる通信講座を利用したというものです。

通信講座を利用することで、早ければ2ヶ月、マイペースで1日30分ほど学習にあてるだけでも、およそ6ヶ月でスパイスインストラクター認定試験に合格しています。そのほとんどは、スパイスについての知識などなにひとつもっていなかった人たちのようです。つまり、知識ゼロの状態からはじめても、通信講座を活用することで、誰でもスパイスインストラクター認定試験に合格できるだけのレベルに達するということです。

スパイスインストラクター認定試験は在宅で受験できるため、気軽に受けることができます。また、通信講座によっては、カリキュラム通りに学習を進め、課題をきちんと提出することで、講座修了とともに資格を取得できるものもあります。認定校ならではのメリットといえるでしょう。

スパイスインストラクター認定試験合格を目指すのであれば、通信講座を賢く活用したいものです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ