通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

スポーツ運動資格人気ランキング

time 2016/11/09

スポーツ運動資格人気ランキング

健康を意識する人が増えた現代社会では、ジョギングやウォーキングをしている人をよく見かけます。体力をつけるため、健康のため、ダイエットのため、と目的は人それぞれです。ジョギングやウォーキングは手軽にできるスポーツで年齢も問いません。正しく行えばよいのですが、間違った方法でトレーニングを行うと、ケガをしたり、故障の原因になったりします。そのため、仕事で活かしたい人だけではなく、自分自身の健康のためにスポーツ運動関連の資格を取るという方が増えてきています。そこでスポーツ運動資格の人気ランキングを紹介いたします。

1位  健康ウォーキングアドバイザー

健康ウォーキングアドバイザーは健康に良いとされるウォーキングの知識を人に伝えることができる方の資格です。ウォーキングの有酸素運動効果や心身に与える影響、健康増進やダイエット、生活習慣病の予防などへの幅広い知識を確実に身に付けたい方、特にスポーツ、運動関連の仕事や医療・リハビリの仕事にに従事している方や健康に関心のある方の間で人気が高まっています。また、在宅受験で、合格率が高いというのも人気のある理由です。

2位  歩き方インストラクター

ウォーキングの効果などの知識を身につけるだけではなく、その効果を理解し、ウォーキング時のフォームや個人に合せた歩き方、ペース、コースなどを考え、より効果が出るよう歩き方を提案できるだけではなく、自分自身の歩き方や姿勢も変わるので、スポーツ関係など仕事で必要な方だけではなく、自分のための資格でもあるというので人気が出ています。

3位  スポーツインストラクター

スポーツインストラクターは、スポーツジムやフィットネスクラブで個人別に目標や年齢、体力に合わせて練習メニューをつくり、適切な運動指導を行う仕事です。また、万が一の時のために、応急処置などの知識も必要とします。福祉施設や地域の健康増進施設などで高齢者を対象とした指導を行えるインストラクターの需要が高まっています。

4位  スポーツリーダー

スポーツ指導や運営、ボランティア、栄養学に関する基礎的な知識を身に付け、地域におけるスポーツ教室やサークルなどのリーダーとしてスポーツ活動を指導する役割を果たします。救急処置の基礎知識やコーチングの基礎知識が身に付くため、これからスポーツに関する正しい知識を学ぼうとする方や、自分の健康管理やトレーニングに役立てたい方にも人気です。地域活性化のために生活に取り入れている自治体も多く、需要が高まっているので資格取得者が増えてきています。

5位  アスレティックトレーナー

スポーツドクター及びコーチとの緊密な協力のもとに選手の健康管理や傷害予防、スポーツ外相・傷害の救急処置、アスレティックリハビリテーション及びトレーニング、コンディショニング等にあたり、メディカルスタッフ、コンディショニングコーチ、一般のフィットネスクラブ、整体院などが主な職場になりますが、プロのアスリート選手をケアするスポーツトレーナーとしての需要もあります。また、準医療従事者としての知識も必要でアスレティックトレーナーとして資格を取得するまでに4~5年を要します。また、合格率も低く、狭き門と言わざるを得ませんが、ニーズは年々高まってきています。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ