通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

ドライフルーツセレクター口コミ評判

time 2016/11/18

ドライフルーツセレクター口コミ評判

皆さんこんにちは!

日本安全食料料理協会のドライフルーツセレクターの資格は目的に合わせたドライフルーツの選択の仕方やドライフルーツ特有の効能について正しい知識を身につけている人に対して認定されます。

ドライフルーツと言えば干し柿やバナナやマンゴーなどがありますね。

ドライフルーツについての知識を身につけて資格を得る事でどのようなメリットがあるのでしょうか?

今回は日本安全食料料理協会のドライフルーツセレクターの資格についてご紹介します!

1.受験の概要

受験についての必要な情報や試験までの流れを紹介します。

まず、受験料は10000円必要です。試験の申し込みは日本安全食料料理協会のホームページから行い、申し込み後は受験票や試験問題が送られてくるのでそれに解答して返送します。

全体の正答率が70%以上で見事合格することが出来ます。

2.ドライフルーツについて

果物を干したり砂糖づけにしたものをドライフルーツと呼びます。生の状態よりも保存性に優れているのはもちろん、生の状態よりも栄養価が高まるのが特徴です。そのため健康を意識する人を中心に人気があります。

3.ドライフルーツで注目されている「フィトケミカル」とは?

ドライフルーツについての話を聞いていると「フィトケミカル」という用語が登場します。ちなみにドライフルーツセレクター認定試験でも「フィトケミカル」についての問題があるようですね。「フィトケミカル」とはどういったものなのでしょうか?

「フィトケミカル」は主に植物に含まれる天然の化学物質の総称です。特に身体に必須な成分ではないのですが、果物などに含まれている「フィトケミカル」の中には抗がん効果がある「フィトケミカル」も存在します。「フィトケミカル」の中でも有名なのはトマトのリコピンですね。

しかしまだまだ分かっていないことも多く、フィトケミカルの中には状況によって逆に身体に良くない影響をもたらすものも存在するのも事実です。例えば喫煙者が多量のベータカロチンを摂取した場合、がんのリスクが増すことが明らかにされています。正しい知識を身につけて適切に摂取する事で最大限の恩恵を受けることが出来るでしょう。

4.資格を取得して出来ること

資格を保有しているとそれだけでドライフルーツ選びに精通しているという証明になりますから周りから頼られることも増えるでしょうね。

それにフルーツを扱う食品業界の仕事でも専門分野が増えるわけですからキャリアアップに繋がります。

また、ドライフルーツの製法についての資格である日本インストラクター協会のドライフルーツ製法インストラクターの資格も併せて取得しておけば、個人でドライフルーツの教室を開業するという事も可能になってきます。

5.対応している通信講座

諒設計アーキテクトラーニングの「ドライフルーツセレクターW資格取得講座」がドライフルーツセレクターや先ほど紹介したドライフルーツ製法インストラクターの両資格の試験に対応しています。

この講座を受講すれば試験対策が完了できます。

また上級コースである「スペシャル講座」を受講すると、これらの資格試験が免除されて講座修了と同時にドライフルーツセレクターとドライフルーツ製法インストラクターの両資格が取得できます。

まとめ

いかがでしたか?ドライフルーツは保存性も優れていますし、ただ普通に摂取するだけでも健康に良さそうですが、せっかくならきちんと知識をつけて自分の状態に合ったものを選んでいきたいですね。

以上、日本安全食料料理協会のドライフルーツセレクターについての口コミ評判でした!

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ