通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

time 2016/11/05

ファッションデザイナー認定試験口コミ評判

ファッションデザイナーと言えば、今も昔も多くの人が憧れる花形の職業です。一般的なイメージとしては、イッセイミヤケやケンゾーなど、自分の名前を冠したブランドを立ち上げている有名ファッションデザイナーのことを連想しがちですが、それはごく一部のトップファッションデザイナーのみに当てはまることです。実際にファッションデザイナーの大半を占めるのは、アパレル関連企業の内部で働く企業内ファッションデザイナーです。たとえば量販店で販売されているTシャツ一枚をとってみても、それをデザインした人がいます。

一般にイメージされるような華やかな世界ではないとしても、企業内でファッションデザイナーとして働きたいと希望する人は、かなりいます。また、ファッションデザイナーとまではないかなくても、大好きなアパレルの世界で仕事に就きたいと願う人たちも多数います。そんななか、人気が高まっているのが、日本デザインプランナー協会が主催する「ファッションデザイナー認定試験」です。そこで、ファッションデザイナー認定試験についてのネット上の口コミと評判について、調べてみました。

ファッションデザイナーの資格は女性の憧れ!

ファッションデザイナーは、弁護士のような国家資格とは異なるため、誰でも自称することができます。今日から名刺にファッションデザイナーと肩書きをつけて人に手渡しても、誰にも咎められません。では、あえてファッションデザイナー認定試験を受ける理由とはなんでしょうか? 
ネットを検索してみてわかったことは、デザインの各分野についての権威である日本デザインプランナー協会が、ファッションの名称や形、機能面やデザイン等の専門知識を有すると認定することに大きな意味がある、というものでした。いくら名刺にファッションデザイナーと記したとしても、それが自称に過ぎない限りは、対外的な信用度はゼロです。ところが、「日本デザインプランナー協会認定ファッションデザイナー」と記すだけで、信用度は格段と上がります。デザイン業界では権威をもつ第三者機関が認定することで、ファッションデザイナーとしての優れた知識と技能をもっていることが証明されるからです。

アパレル業界の仕事に就きたいのであれば、履歴書の資格欄にファッションデザイナーと記せることは、大きな武器になります。経験や実績はないものの、ファッションについての専門的な知識を身につけている熱意は、採用側にも十分伝わるものです。実際、ファッションデザイナー認定試験に合格したことが評価されて、希望するアパレル業界の仕事に就けたとする書き込みも、いくつか目にしました。

また、仕事として取り組むことまでは考えていなくても、ファッションが大好きだから、ファッションデザイナーの資格をとった人も、かなりいるようです。ファッションデザイナー認定試験に合格するために学んだ知識を活かして、毎日のファッションコーディネートに活かしているという声も、多く聞かれました。

ファッションデザイナーという響きには、女性の憧れを刺激する魔法の力があるようです。資格を期に女子力が高まり、より輝く毎日を送れるようになったとする喜びの声が、寄せられていました。

ファッションデザイナー認定試験の口コミ・評判

ファッションデザイナー認定試験に合格している多くの人が、通信講座を活用しています。ファッションデザイナー認定試験では、ファッションに関する幅広い知識が問われるため、情報がまったくない独学の状態では、試験範囲を絞り込むことが難しく、合格への道のりは遠いようです。
しかし、通信講座であれば、ファッションデザイナー認定試験に出題される範囲に絞って学べるため、効率よく学習を進めることができます。通信講座のカリキュラムをきちんと終えた人は、ほとんど初回の試験で合格しているようです。
アパレル業界に携わりたい人、あるいは趣味のひとつとしてファッションを極めたい人であれば、まずはファッションデザイナー認定試験に合格することを目標に、通信講座で学ぶとよいでしょう。
ファッションデザイナー認定試験は在宅で受験できるため、気軽に受けることができますよ。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ