通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

ブリーダー資格人気ランキング

time 2017/10/01

ブリーダー資格人気ランキング

1位:ペット繁殖インストラクター

ブリーダーは、ペット動物を飼育して、正しい知識を持って交配、繁殖させ、それを直接顧客に販売したり、ペットショップ等を経営する会社に卸したりする仕事に携わります。犬や猫を主としますが、ペットは野生の犬・猫とは違い、血統が重視されます。改良を重ねることによって、より性格のよい犬・猫を生み出すこともできます。また、ブリーダーは、は、健康管理という点でもしっかりとした知識を持っておかなければなりません。ブリーダーになる方に人気のある資格は、日本インストラクター協会のペット繁殖インストラクターです。資格取得の勉強では、ブリーダーになるための基本(人気種について、健康管理について開業する際のノウハウ)を身に付けていきます。ブリーダーになりたくてペット繁殖インストラクターの資格取得をされた方の口コミ評判をご紹介します。

『私は、ペットショップを任されています。それがきっかけで、スキルアップしたいという思いも強く、犬や猫というペットについての資格を取り続けています。安心でき、価値ある資格として評判の、日本インストラクター協会のインストラクター資格を取っているのです。犬のしつけインストラクターやトリマー開業インストラクターの資格を取得しています。日本インストラクター協会の資格取得では、在宅で受験できる、費用はわずか10,000円という魅力にも満足しています。今回挑戦しましたペット繁殖インストラクターの資格は、ペットの交配や繁殖というやや難しい分野でした。ただ、少子化や高齢化が影響して、新たにペットを購入する人の需要は高まっているのは事実ですから、ペット需要という点からも非常に価値ある資格だと認識しました。ペット繁殖インストラクターの資格を生かして、今後はブリーダーとしての仕事にも手を広げたい思いでいます。』

2位:犬・猫ペットブリーダー

血統を重視される飼い主さんが多いのには驚きます。毛並みや眼の色、スタイルなどに応じて血統種と呼ばれるようになります。ブリーダーは、交配、繁殖によって血統書申請を行う個人事業です。専門性を持ったブリーダーになるための資格で、ペット業界でも評判のいいのが、日本生活環境支援協会が認定する犬・猫ペットブリーダーです。この資格取得では、受験条件は特になく、受験申込みや受験がインターネットでできます。犬・猫ペットブリーダーの市場は供給不足と言われています。癒しを求めて、犬や猫を飼う方が増えている中で、経験者の高齢化による廃業が多いためです。これからペットブリーダーを目指される方は、大手のペットショップ等で契約ブリーダーとなることをおすすめします。

3位:ブリーディング技能師

財団法人職業技能振興会が認定している資格がブリーディング技能師です。資格取得に至る勉強では、血統書付きの動物の健康管理に留意した育て方や繫殖の方法を細かく学びます。できれば獣医学の知識も兼ね備えていればいいでしょう。ブリーダーとしてのノウハウをしっかりと理解しなければなりませんし、特殊な業種ですので、知識やスキルをよく勉強しておかなければなりません。4か月に一度実施されている協会が実施するブリーディング技能師認定試験を受験、合格する必要があります。受験料は15,000円で、在宅受験ができます。

4位:ペット繁殖指導員

ペット人気が増大し、血統種と言われるペットを繁殖させる知識と技能を持ったブリーダーの存在がクローズアップされています。一般社団法人日本ペット技能検定協会が資格認定しているのがペット繁殖指導員です。ペット繁殖指導員は、犬・猫などのペット動物の繁殖期や妊娠期間、排卵期などについて熟知した指導員です。この協会が指定する受講内容をすべて修了して筆記試験に臨み、合格となります。ペット繁殖指導員の資格を取得された方は、ペットに関連した企業に就職されたり、個人のブリーダーとして開業されたりしています。
ブリーダー  ブリーダー

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ