通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

ホームページWEBデザイナー認定試験に合格してよかったこと

time 2014/07/15

ホームページWEBデザイナー認定試験に合格してよかったこと

今最も注目されている職業である「ホームページWEBデザイナー」は、企業や個人のホームページを0からデザインをすることができる専門家です。インターネットの普及によって各企業が当然のようにその企業ウェブページを持つ中、その企業らしさを表現するウェブページをデザインできる専門家たちの需要が急激に高まっています。日本デザインプランナー協会が実施している「ホームページWEBデザイナー認定試験」は、そんな
WEBデザイナーになりたい人のための認定試験です。では、実際に「ホームページWEBデザイナー認定試験」を受験し合格した人たちはどのような点を「受験してよかった」「合格してよかった」と思っているのでしょうか?

■初心者からでも学習することが可能
WEBデザイナーというとなんとなく細かな技術を学んだりして、大学や専門学校で学んだりしていないと敷居が高いのでは?と思う人は少なくないと思いますが、実は初心者からWEBデザイナーを目指す人は多いのです。ただ、独学ではなかなか何から学習をはじめたらよいかわからないとのことから、初心者の方は特に「ホームページWEBデザイナー認定試験」のような資格試験を目指し、体系的に知識を付けていくのが良いと言われています。「ホームページWEBデザイナー認定試験」を受けてよかったという声を聞いてみると、最初は初心者だったので不安だったけれども、「ホームページWEBデザイナー認定試験」という目標があったからこそWEBデザインの基礎が身に付いたという人が多いようです。

■活躍の場は様々
「ホームページWEBデザイナー認定試験」に合格してよかったという声の多くが、その後の活躍の場の多さについて挙げているようです。例えば、Web制作会社などでもともとWeb制作に関わっている人であればキャリアアップが可能ですし、将来的には独立するまでの実力をつけることができます。また、最近もっともWebデザイナーで多いパターンと言われているのがフリーランスのWEBデザイナーです。専業でなくても、副業でフリーランスのWEBデザイナーになる人は多いと言われています。個人のWEBページ作りのためにその学習の成果を発揮することも可能ですし、地元の自治体やWEB制作会社が開催しているカルチャースクールなどで講師をすることもできますので、「ホームページWEBデザイナー認定試験」合格後の活躍の場はかなり広いといえるでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ