通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験口コミ評判

time 2016/11/16

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験口コミ評判

「経済的には豊かでも、人を幸福にしないのが日本社会だ」、とは、よく聞かれる言葉です。たしかに日本は世界第三位の経済大国であり、一人あたりの経済的豊かさは、世界でも突出しています。ところが、国民の幸福度をはかるアンケート調査では、日本は例年、世界平均をはるかに下回る下位にランクされています。

他の先進諸国と比べて、自殺率が圧倒的に高いことも、日本社会が抱える大きな問題です。そのため、政府主導により、メンタルヘルスを重要視する動きが活発化しています。それにともない、このところ注目を浴びているのが、日本アロマメディカル心理セラピー協会が主催する「メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験」です。メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験とは、どんな資格なのでしょうか? メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

メンタル心理ヘルスカウンセラーは、なぜ注目されているのか?

企業においては、社内健康診断を実施するなど、身体の健康について、以前から積極的に取り組んできました。しかし、メンタルヘルスについては、日本ではほとんど顧みられることはありませんでした。その理由のひとつとして、日本では精神病に関する偏見が、未だに根強いことがあげられます。

欧米では、風邪を引いて内科へ行くのと同じ感覚で、気軽に精神科に通うことが一般的です。精神科で積極的にカウンセラーを受けることで、メンタルヘルスを正常に保つことは、ごく当たり前のことと認識されています。ところが日本では、精神科にかかることを恥ずかしいと感じる風潮があり、心の問題を誰にも打ち明けることができないままストレスばかりを募らせ、不幸な結果を招くことが繰り返されています。

そこで、2015年12月からは企業に対してストレスチェックを行うことが義務化され、企業は社員のメンタルヘルスを正常に保つように努力する責任を負うことになりました。そのため、多くの企業ではメンタルヘルスのカウンセラーを、社内に新たに置くケースが増えています。その一翼を担っているのが、メンタル心理ヘルスカウンセラーです。

メンタル心理ヘルスカウンセラーとは、心理学の基礎知識やストレスについての医学的な知識、その対処法に至るまでを熟知しており、カウンセラーとして活動する技能が十分にあると認められた人に与えられる資格です。日本アロマメディカル心理セラピー協会が年に6回実施するメンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験に合格することで、この資格を取得できます。

メンタル心理ヘルスカウンセラーは福祉施設や医療機関をはじめ、一般企業や教育機関など、幅広い職場で活躍しています。今後もメンタルヘルスに対する取り組みは、ますます強化されることが予想されるため、メンタル心理ヘルスカウンセラーの活躍の場も、より広がることが期待されています。

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験の口コミ・評判

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験についての情報を、ネットで検索してみました。メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験は、在宅で受けることができ、受験料は1万円とのことです。受験資格は定められていないため、誰でも受験できる試験になっています。ただし、あらゆる資格についていえることですが、資格の需要が増し、人気が高まるにつれて、受験資格が設けられたり、試験内容が極端に難しくなることが一般的です。
ですから、メンタル心理ヘルスカウンセラーを希望される場合は、今のうちに試験を受けた方が得でしょうね。

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験は、70%以上の評価で合格となるため、基本的な知識を確実にマスターし、できるだけケアレスミスを防ぐことが、合格のポイントのようです。

メンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験に向けての具体的な勉強方法ですが、合格者の書き込みを見ていると、多くの人が通信講座を利用しているようです。通信講座では、心理学の知識などなにひとつない初学者を対象に、基本的なことから次第にステップアップして知識をマスターできるようにカリキュラムが組まれているため、誰でもメンタル心理ヘルスカウンセラー認定試験に合格できるだけのレベルに、驚くほど短期間で達することができるとのことです。

メンタルヘルスへの取り組みが強化されている今、メンタル心理ヘルスカウンセラーの需要には、まだまだ高いものがあるようです。通信講座を活用して素早く資格をとることが、賢い選択のように感じました。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ