通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

time 2016/11/09

ワインコンシェルジュ認定試験口コミ評判

ワインといえば、ちょっと前までは高級レストランに置いてあるものと相場は決まっていましたが、最近ではずいぶんと庶民的になってきました。今では街中の普通の食堂や居酒屋でも、ワインを当たり前に注文できるお店が増えてきました。そればかりか、多くの銘柄がメニューに並び、好みのワインを選べるようになってきています。ワインはもう、ビールや日本酒・焼酎と肩を並べるくらい普通に飲めるお酒になっています。

それでもワインには、他のお酒とは異なったエレガントな雰囲気があります。高級フランス料理と併せて楽しむイメージが強いせいか、高級品というイメージはいまだに残っています。コンパの席などでも、ワインのうんちくを語れば、ちょっとした人気者になれます。ワインについての知識が深いと言うだけで、モテ度がアップする不思議な魅力を、ワインはもっています。

そんななか、ワインの資格として、日本安全食料料理協会が主催する「ワインコンシェルジュ認定試験」が、近頃人気となっています。そこで、ワインコンシェルジュ認定試験についてのネット上の口コミと評判について、調べてみました。

ワインコンシェルジュの響きのよさ!

世の中にはさまざまな資格がありますが、取得するだけで周囲からかっこいいと思われる資格は、そうはありません。しかし、ワインコンシェルジュの資格は別です。「ワインコンシェルジュ」という言葉の響きには、クールなかっこよさがあふれています。

コンパや女子会の席で、さりげなくワインコンシェルジェの資格をもっていることをアピールするだけで、たちまち周囲から一目おかれる存在になれます。ワインを飲みながら、そのワインの産地や特徴などを語れば、話も盛り上がります。
ワインコンシェルジュは、取得するだけで得をする資格といえるでしょう。

ワインコンシェルジュは、世界各国のワインやブドウの産地や年代ごとの特徴、ワインの作り方やワインの格付けなどの知識に精通している人に与えられる資格です。日本安全食料料理協会によるワインコンシェルジュ認定試験に合格することで、資格を取得できます。

ワインコンシェルジュ認定試験では、ソムリエが必要とするような高度な知識は問われません。そのため、ワインについてきちんと学べば、誰でも取得できる資格です。それでいて、ワインコンシェルジュ資格取得後は数々の恩恵を受けられるため、資格を取得するためにかける時間と、その効果を照らし合わせてみると、コスパ的にはとても優れた資格であることがわかります。

ワインコンシェルジュは、まさに今が旬の、取得して得する資格といえるでしょう。

ワインコンシェルジュ認定試験の口コミと評判

ワインコンシェルジュ認定試験は在宅で受けることができます。そのため、試験会場まで交通費をかけて足を運ぶ必要もなく、気軽に受けられる試験です。ネット上で検索してみると、試験は広範囲に及ぶため、完全に独学で合格するには、何回か挑戦しなければ受からないようです。

しかし、実際にワインコンシェルジュ認定試験に合格した人の声を拾ってみると、ほとんどの人ははじめの1回で合格を果たしています。しかもワインについて学んだ期間もそれほど長くはなく、2ヶ月から6ヶ月の学習で短期合格を達成しています。

短期合格者には共通していることがあります。それは、通信講座を活用していることです。ワインの勉強といっても、実際にどこから手をつければよいものか迷ってしまいます。世界各国のワインの知識が必要とされることはわかるものの、ワインの銘柄は世界で数百万種に及ぶと言われています。そのすべてに精通することなど、もちろん不可能です。

しかし、通信講座であれば、ワインコンシェルジュ認定試験の合格を目標にカリキュラムが組まれているため、試験で聞かれる範囲だけに絞って、ピンポイントで学ぶことができます。ワインコンシェルジュ認定試験は70%の評価で合格できるため、満点をとる必要などありません。通信講座で学ぶ知識を理解さえすれば、誰でも合格できるだけの実力を養うことができます。

できるだけ時間と労力をかけずに、ワインコンシェルジュ認定試験に確実に短期合格を果たしたいのであれば、通信講座を利用するのがもっとも賢明な選択のように感じました。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ