通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

人気のインテリアデザイナー認定試験

time 2014/07/15

人気のインテリアデザイナー認定試験

インテリアデザイナーは、いまや憧れの仕事の一つです。

高度経済成長期、バブル経済、平成不況を経て、現在、アベノミクスで少しづつ景気を回復しつつある日本は、すっかり成熟社会となったと言っていいでしょう。成熟社会は、物質的な豊かさ以上に、精神的な豊かさや安らぎを人々が求める社会だと言われています。

そういう人々の意識やニーズの変化に対応して、かつてはそれほど重視されていなかったような仕事にもスポットライトが当たるようになってきていますが、インテリアデザイナーもそんな成熟社会だからこそ重視されるようになった仕事の一つと言えるでしょう。

人間の生活の基本は「衣・食・住」によって成り立っていると言われます。これらは人間が生きていく上での物質的な基盤(インフラ)と言えるでしょう。高度経済成長期の日本人は、このインフラを獲得するために仕事に精を出し、ときに「エコノミック・アニマル」と悪口を言われたりもしました。しかし、バブルの狂騒とその後の平成不況を経て、人々の意識は変化し、物質的に十分豊かになったいま、より精神的な豊かさを日本人は求めるようになりました。それを反映するように、住宅に求められるものも、ただ単に頑丈だったり、便利だったりすることだけでなく、ビジュアル的にも日々快適に寛げることのできる空間であることも加わってきました。そういう社会の変化、人々の意識の変化の中でクローズアップされてきた仕事の一つが、インテリアデザイナーです。

インテリアデザイナーになりたがる人が増えているということは、その志望者自身の快適な空間で生活したいという願望の現れでもあるでしょう。実際の生活の中でのふとした気付きが、インテリアデザインのアイディアの源なのです。主婦の方がインテリアデザイナーの仕事に興味を持つのも自然なことだと言えるでしょう。

インテリアデザイナーになるにはいくつかの方法がありますが、主婦業をしながらインテリアデザイナーを目指したいという方には、日本デザインプランナー協会の「インテリアデザイナー認定試験」がお薦めです。日本デザインプランナー協会の「インテリアデザイナー認定試験」は、年6回開催されていて、しかも自宅で受験できるので、自分のペースで勉強が出来るのが長所で、是非お薦です。</td>
<td width=”165″></td>
<td width=”165″></td>
</tr>
</tbody>
</table>

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ