通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

time 2016/11/20

住まいアドバイザー認定試験口コミ評判

憧れのマイホームを手に入れる際、頭金の資金繰りやローン返済のことばかりが頭をよぎり、マイホームの機能や耐震性への配慮が欠けてしまうことは、よくあります。また、手抜き工事の問題は、いつの時代にもついて回ります。大型マンションの手抜き工事が発覚し、大きな社会問題となっている報道がときどきなされますが、マイホームではそれ以上の数の手抜き工事がなされていることは、容易に想像がつきます。

ここで大切なことは、マイホームを建てる際には、施工する側の言うことだけを真に受けることなく、信頼できる住宅のプロフェッショナルにも相談してみることです。たとえば家を建てる際に使われている木材の種類や耐震性については、施工側ではない第三者の意見を聞き、施工側の説明と食い違いがないかどうかを、照らし合わせた方が安心できます。

このような需要が増えたことから、日本生活環境支援協会が主催する「住まいアドバイザー認定試験」が、このところ注目されています。そこで、住まいアドバイザー認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

住まいアドバイザーが注目される理由とは?

長年、コツコツと蓄えてきた大金を投じてマイホームを建てるからには、理想の住まいを手に入れたいと思うのは、誰しも同じことです。しかし、いざマイホームを建てて暮らしはじめてみると、さまざまな問題が発生することがあります。家のなかの結露がひどかったり、新居に移ってから花粉症やアレルギーに悩まされたりと、住宅のトラブルは多種多様です。

その原因を突き詰めてみると、使われている木材に問題があったり、家を建てる際に使われた化学物質に問題がある事例が多々あります。家を建てる際には、施工側からさまざまな説明を受け、自分で選択をするものですが、木材や住宅設備の知識などもたない側からすれば、施工側の意図する通りに事が運ぶことを、なかなか防げるものではありません。

そこで今、住まいアドバイザーを求める声が、高まっています。住まいアドバイザーとは、建物や建築材料についての豊富な知識を有し、その住宅がクライアントの要望に沿うものかどうかを、客観的な視点から鑑定できる技能をもつと認められた人に与えられる資格です。日本生活環境支援協会が年に6回実施する住まいアドバイザー認定試験に合格することで、この資格を手にできます。

家を建てる際に、施行側とは別に、公平な第三者である住まいアドバイザーをたてることで、住まいのプロからのアドバイスを受けることができます。建築工法や建築材について、素人では判断できないことが多いため、専門家からの助言は大いに役立つようです。
優秀な住まいアドバイザーになると、一人ではとてもさばけないほどに、クライアントが押し寄せるとのことです。

また、住まいアドバイザーの資格を取得することで、建築業界や不動産業界への就転職が有利になります。すでにそうした業界の仕事に就いている人が、住まいアドバイザー認定試験を受けるケースも増えています。

住まいアドバイザーの活躍の場は、今後もますます広がりそうです。

住まいアドバイザー認定試験の口コミ評判

住まいアドバイザー認定試験についてネット上で検索してみたところ、実際に今、建築や不動産業界で働いている人たちの間で、住まいアドバイザーの評判がよいことに気がつきました。住まいアドバイザーの資格をとることで、お客さんの要望に対して的確に答えられるようになるため、受注件数も増え、昇給・昇進につながったとする書き込みを、いくつか見受けました。

そのため、業界内の人たちが住まいアドバイザー認定試験を受ける傾向にあるようです。その一方で、住宅に関する知識や経験がなくても、基本から学ぶことで住まいアドバイザー認定試験に合格した人も、多数います。

そうした人たちに共通していることは、住まいアドバイザーを養成するための専門の通信講座を利用していることです。通信講座であれば、はじめから住まいアドバイザー認定試験の出題範囲に合わせて学べるため、効率よく学習を進められるとのことです。

通信講座では住宅に関する知識ゼロの人を対象としているため、基本から少しずつ、無理なくステップアップできるようにカリキュラムが組まれています。そのため、講座を修了する頃には、誰でも自然に住まいアドバイザー認定試験に合格できるだけの実力を備えているようです。実際、通信講座をきちんと終えた人は、100%試験に合格しているそうです。

今、注目されている住まいアドバイザーの資格は、通信講座を賢く利用してサクッと取得するのが、正解のようです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ