通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

住宅鑑定風水インストラクター認定試験口コミ評判

time 2016/11/13

住宅鑑定風水インストラクター認定試験口コミ評判

日本では昔から、結婚式やお葬式の日取りを、暦にそって選ぶ習慣があります。そんなのは迷信だと思ってはいても、自分や親族の結婚式にはできれば大安を選ぼうとするものです。あえて仏滅の日を選ぼうとは、普通はしません。お葬式では友引を避けることが一般常識です。同じように、家を建てる際には、多くの人が家相を気にします。北東の方角は鬼門、南西の方角は裏鬼門とされ、その向きにはできるだけ玄関を作らないようにすることが一般的です。

鬼門や裏鬼門ばかりでなく、その他にも部屋の間取りや窓の位置など、できれば守った方が良いとされる定めが、いくつか存在します。こうした住宅に関する定めは、1500年ほど前に中国から伝来した風水が、日本で独自に発展して培われたものです。最近では、風水ブームのあおりを受けて、風水による住宅鑑定がさかんに行われるようになってきました。

そこで今、注目を浴びているのが、日本インストラクター協会が主催する「住宅鑑定風水インストラクター認定試験」です。住宅鑑定風水インストラクター認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

住宅鑑定風水インストラクターとは、どんな資格なの?

住宅鑑定風水インストラクターとは、風水に基づく視点から住宅を鑑定する知識と能力に優れた人に与えられる資格です。日本インストラクター協会が年に6回実施する住宅鑑定風水インストラクター認定試験に合格することで、この資格を取得できます。

住宅鑑定風水インストラクターは、クライアントからの依頼を受け、住宅を建てる前に家の間取りやレイアウトなどの適切なアドバイスを与え、報酬を受け取ることができます。風水では玄関の方角からはじまり、トイレや洗面所などの位置、台所や寝室に最適な位置などが、定められています。それらはクライアントがなにを優先したいのかによって、微妙に変わってきます。金運を上げたい、出世したい、対人関係を良好にしたい、家族の幸福を第一に考えたい、子供の学業を優先したい、などなど、クライアントによって要望は異なってきます。

住宅鑑定風水インストラクターには、クライアントの個々の希望を叶えられるように、風水の観点から個別にアドバイスする技能が求められます。また、単なる知識以上に、風水のさまざまな理論を活用してアレンジを加える応用力も問われます。たとえば立地条件や規制の関係により、どうしても鬼門に玄関を設けなければいけない場合もあります。その際は、鬼門による凶相を弱めるための工夫が必要となります。

新築物件以外にも、すでに建っている住宅や店舗のレイアウトや飾り付け・インテリアについて、風水の視点からアドバイスを提供することも、住宅鑑定風水インストラクターの仕事です。また、インストラクターとして、自宅やカルチャーセンターなどを利用して講師活動を行うことも、住宅鑑定風水インストラクターの主要な業務です。

建築関連はもちろん、さまざまな業界から、優秀なプロの住宅鑑定風水インストラクターが求められています。

住宅鑑定風水インストラクター認定試験の口コミ・評判

今、注目されている住宅鑑定風水インストラクター認定試験について、ネット上で検索してみました。すると、住宅鑑定風水インストラクター認定試験が在宅で受けられる仕組みになっていることがわかりました。在宅で受験できるため、試験会場まで移動するための交通費はかかりません。いつも通り、回答用紙に向かえば良いため、資格試験だからといって緊張することもありません。気軽に受けられることが、住宅鑑定風水インストラクター認定試験のよいところです。

風水のなかでも住宅鑑定は、日本風水独特の理論から成り立っているため、一見すると難しく感じてしまいますが、住宅鑑定風水インストラクター認定試験に合格している多くの人が、短期での合格を果たしています。早い人で、わずか2ヶ月で合格したと書き込まれていました。

では、どうやってそんなに早く合格したのかといえば、通信講座を利用したからのようです。風水専門の通信講座では、風水についてまったく知らない人でも、基本的なことから段階を追って学べるようになっているため、カリキュラム通りに学習することで、誰でも自然に住宅鑑定風水インストラクター認定試験に合格できるだけの実力を、蓄えることができるとのことです。

住宅鑑定風水インストラクター認定試験の合格者の多くは、あわせて風水セラピスト認定試験を受けている人が、多く見受けられました。このふたつの風水の資格をとることで、風水を使った副業をすぐにでもはじめられそうですね。
通信講座を賢く利用することで、風水の二大資格をサクッと取得できることでしょう。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ