通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

健康リフレクソロジーインストラクター認定試験口コミ評判

time 2017/03/10

街中で見かけるリフレクソロジーの看板。

リフレクソロジーは英語のReflexologyの名称で、ちょっと舌を噛んでしまいそうですが、いわゆる足裏マッサージのことです。

リフレクソロジーはアメリカで発見された学問と言われていますが、古代エジプト・インド・中国では足つぼマッサージがすでに発見されていたこともあり、派生については定かではありません。

リフレクソロジーは、足裏の特定の位置をマッサージすることによって、体のある位置の症状の緩和に紐付いていることから生まれた学問です。

今回はリフレクソロジーについての資格である「健康リフレクソロジーインストラクター認定試験」についてご紹介したいと思います。

健康リフレクソロジーインストラクター認定試験とは?

日本インストラクター協会が行っている認定制度です。

出題範囲はリフレクソロジーの考え方に基づいた反射区を使ったマッサージや、反射区が足・手・耳などの部分にどのように対応しているかについての知識、マッサージの方法、英国式や台湾式、タイ式、ドイツ式のリフレクソロジーの特徴についての知識、体調や健康状態似合わせたつぼやリフレクソロジーを選ぶことができる技能を持った方に与えられる資格です。

リフレクソロジーを行うことにより、肩こり・むくみ・腰痛・胃もたれ・疲労感といった誰にでも起こりうる体の不調を改善しリラックス効果を与える知識についても出題があります。

受験資格は特になく、インターネットから受験申し込みができます。また受験も在宅で行うことができ、所定の期間にテストを提出することで完了します。受験料は消費税込みで10,000円。2ヶ月に1回のペースで行われています。合格ラインは70%の正答率で合格となります。認定後は講師として活動することも可能です。

リフレクソロジーと足裏マッサージの違い

足裏マッサージとリフレクソロジーの違いとして、刺激の強さが挙げられます。

リフレクソロジーでは足裏に「反射区」と呼ばれる体の各部位に対応するエリアがあります。つぼをピンポイントで強く刺激する足裏マッサージとは違い、体の部位に対応する反射区を適度にマッサージすることにより、体の不調を改善するという効果を発揮します。

足つぼは体の不調があるところを刺激すると激痛が走ると言われていますよね。これとは違い、リフレクソロジーはマッサージによるリラックス効果を得ることを目的としています。これが大きな違いと言えるでしょう。

健康リフレクソロジーインストラクター認定試験の口コミ

日本インストラクター協会の資格は講師として活躍したい方や独立してフリーで働きたい方に適した資格が揃っています。「インストラクター」という名前の通り、人に知識や技術を教えることに特化しているので、人に教えるのが好きな方には適していると言えるでしょう。各スキルについて一定の知識・技術があることを証明するので、資格を取得したことで就職や転職に役立てることができると評判です。

健康リフレクソロジーインストラクター認定試験を取得することにより、リラクゼーションサロンやリフレクソロジーサロン、整体院などの就職に役に立ちます。

資格がなくても仕事を始めることはできますが、しばらくは勉強をしながらのお仕事となるでしょう。だったらなおさら、資格を取得して知識として身につけておいたほうが仕事の飲み込みも早くスムーズに仕事を行うことができますよね。転職をする際にも資格として持っていたほうが何かと有利に働くことが多いです。

また、健康リフレクソロジーインストラクターとして独立することも可能ですし、教室を開いてリフレクソロジーを目指す方の養成講座を開いてもいいでしょう。

いかがでしたか?

リフレクソロジーは自分だけではなく周りの方も癒す特技の一つです。手に職をつけるという意味でも、持っていて損になることはありません。興味をお持ちの方は資格取得を目指してはいかがでしょうか?

以上、健康リフレクソロジーインストラクター認定試験のご紹介でした。

日本インストラクター協会の健康リフレクソロジーインストラクター認定試験詳細はこちらから↓

https://www.jpinstructor.org/shikaku/reflexology/

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ