通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

取ってよかったこの資格~ワインコンシェルジュ~

time 2015/01/21

取ってよかったこの資格~ワインコンシェルジュ~

あなたは、ワインを飲まれますか?日本では、一昔前のボジョレー・ヌーヴォーの大ブーム以来、一気に普及した感がありますね。現在では、ついにペットボトル入りのワインなども販売されており、もはや、誰もが気軽にワインを楽しめる時代になったと言えます。

ワインの歴史は古く、初めて記録として、文献に登場したのは、紀元前2000年頃、メソポタミアのギルガメッシュ叙事詩の中に、方舟作りの際に、船大工に飲ませたという旨の記述が登場します。旧約聖書でいうノアの方舟の頃ですね。

また、エジプト、ピラミッドの壁画にも、ぶどうの栽培や、ワインの醸造の様子など描かれています。エジプトは地域的には、ビールのイメージですが、時代がすすむとともに、ワインも広まっていっったのですね。ちなみにエジプトでは、あまりぶどうが栽培しにくかったため、ビールと違い、貴族の飲み物でした。収穫されたぶどうから作られた、ワインの最初の一口目はファラオ(王様)が飲むというきまりもあったようです。

ワインが日本に入ってきたのは、幕末から明治にかけてのこと。明治10年頃には、ワインを日本で製造しようと、山梨県を中心に、ワインづくりに挑んだ先駆者がいたようですが、あまりうまくいかなかったようです。今では、山梨はワイン王国になってますが、先人の苦労があったからこそなのですね。

このようなワインの世界、とても素人では、把握しきれません。ただ、非常に奥深い世界であり、ハマったら深く深く入り込んでいく傾向にあります。ただ、多くの方は、美味しいワインが飲みたいだけですよね。そこで紹介するのが次の資格です。

日本安全食料料理協会主催の、ワインコンシェルジュの認定資格です。この資格はブドウの品種や、世界各国のワイン、ワインの世界に精通した知識を習得した人に認定されます。ワインの案内人といった役どころでしょうか。

原状、二ヶ月に一回試験は開催されています。試験は、在宅受験で実施されます。

ワインコンシェルジュ、格好いですね。私生活の中でも活用できます。絶対とってよかったと思うはずです。取得にチャレンジしてみてください。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ