通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

受けてよかった、ホームページWEBデザイナー認定試験

time 2014/07/15

受けてよかった、ホームページWEBデザイナー認定試験

20世紀の終りにパーソナル・コンピューターとインターネットが普及して、IT革命が社会の風景と生活のパターンをすっかり様変わりさせ、WEB関連の仕事が劇的に増えました。IT業界は、いまや基幹産業の一つと言っていいでしょう。

現在私はWEBデザイナーとして仕事をしているのですが、もともとはアパレル業界で働いている人間でした。全くの畑違いの業界で働いていた私が、どうしてWEBデザイナーになったのか、その経緯を書いてみたいと思います。

子供の頃からファッション好きだったこともあって、高校卒業後は、福岡の大手デパートにテナントで入っていた某ブランドショップで、アルバイト店員として働きはじめました。アパレル業界というのは、店員の仕事服もすべて自前で、当然宣伝も兼ねてその店の服を着用します。お客さんに侮られないよう、それなりの服を着て、それなりの着こなしもできなければなりません。ダサい店員さんに薦められた服など、誰も買いたくないですからね。本当にそのブランドが好きでなければやっていられない仕事です。また、ブランド物の服は基本的に高価なので、月の収入が15万円なのに、月の洋服代が30万円を超えるということもザラでした。当然、足りない分は借金をして凌いでいました

そもうち、借金が500万円ほどたまってしまいました。独身ならば当面その調子でもよかったのですが、当時付き合っていた彼女と結婚することになり、500万円の借金を抱えている状況で結婚するのは、彼女にも、彼女のご両親にも申し訳なかったので、借金をすべて清算し、生活を立て直すために転職することを決意しました。

それまでパソコンはほとんど触ったこともなかったのですが、当時ITバブルの全盛期で、これからはITの時代と言われていました。そこで私も思い切ってWEBデザイナーを目指すことにしました。そして通信教育で勉強して、日本デザインプランナー協会「ホームページWEBデザイナー認定試験」でWEBデザイナーの資格を取り、小さなIT企業に職を得て、WEBデザイナーとして仕事をしていくことになりました。アパレル業界で培ってきたビジュアルのセンスが功を奏したのか、私のデザインしたホームページは評判がよく、それなりに稼げるようになり、無事借金も数年で完済し、奥さんを安心させることができました。思い切った転職でしたが、WEBデザインの資格を取って本当によかったです。</td>
<td width=”165″></td>
<td width=”165″></td>
</tr>
</tbody>
</table>

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ