通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

和菓子資格人気ランキング

time 2017/02/21

和菓子は、昔から受け継がれてきた歴史を感じさせる方法で作られる美味しいお菓子です。小豆や砂糖などを原料に作られることが多いのですが、1口食べるだけで落ち着きを感じる人はたくさんいます。

日本の文化として誇ることができる和菓子を広めるためには、正しく豊富な知識が必要不可欠です。和菓子の知識を持った専門家として認めてもらうことができる資格の合格を目指しましょう!

1位 和スイーツセレクトマイスター

日本安全食料料理協会が認定する、和菓子の専門家を目指すことができる資格として人気なのが、和スイーツセレクトマイスターです。和菓子の種類に関する知識の他にも、製造の際に使われる道具や材料に関しても理解している人として認めてもらうことが出来る資格です。

生菓子と半生菓子にはどのよな違いがあるのか、郷土菓子に関する知識を持っているかなどが試される資格です。和菓子が好きな人や、和菓子の歴史を学びたいと考えている人に注目されています。試験は自宅で受けることが可能ですし、申し込みはインターネットで行うことができますので、スムーズに手続きをすることができます。

試験は年間複数回行われていますので、不合格になってしまった場合でもすぐに再チャレンジ可能です。

2位 和菓子文化コーディネーター

和菓子文化コーディネーター資格を持っている人は、和菓子の知識をきちんと理解し、地方の郷土菓子についてもよく知っている人であることを証明することができます。京菓子と江戸菓子の相違点や、ぼたもちとあられの違いなど、素人では説明することができないようなことも正しく理解しています。

そのため、正しい和菓子の情報を教えることができる人材になることが可能です。和菓子文化コーディネーターは、日本文化に興味がある人やお菓子を作ることが趣味な人に注目されている資格です。

和菓子文化コーディネーターの資格を得るためには、試験を受けなければいけません。試験は日本生活環境支援協会のホームページで申し込むことができ、在宅受験可能となっていますので忙しい人でも安心して受験することができるでしょう。

3位 菓子製造技能士

技能検定を受験した菓子製造業者が獲得できる菓子製造技能士は国家資格として、注目されています。菓子製造技能士の試験は誰でも受験することが出来るわけでは無く、実務経験が一定以上必要とされています。

菓子製造技能士を目指すのであれば、和菓子職人として働きながら経験を重ね、自分のスキルアップを目指すために取得するのが一般的です。試験では実技と筆記が行われ、法規や和菓子製造に関する幅広い知識が問われます。1級と2級がありますので、最初に2級にチャレンジし、合格してから1級を目指すのが理想的です。

菓子製造技師は、豊富な知識を活かして顧客が安心できる菓子を作ることができると証明することができるのが大きなメリットです。合格するのが難しいと言われている1級に合格することができれば、転職活動などを有利に進めることができるため、合格するまで何度もチャレンジすることが重要です。

4位 製菓衛生士

和菓子などのお菓子を作るプロとして認定してもらえるのが、製菓衛生士の資格です。菓子製造を行う人材のスキルを高め、公衆衛生の向上を目的に作られた資格となっています。製菓業界で重要視されている資格のため、受験者がどんどん増えています。

製菓衛生士になることができれば、独立して製菓店をオープンさせたり、社会的なアピールをすることができたりしますので、取得する利点が大きい人気の資格です。

資格を取得した人は、製菓理論をきちんと把握することができていますので、他の人では思いつかないようなオリジナリティーのある応用技術を活用しながら製菓技術を高めることが可能です。菓子店への就職や独立して店舗を運営するために必要不可欠な資格ですので、お菓子を作る仕事に就きたいのであれば、取得すべきです。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ