通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

和食資格人気ランキング

time 2016/11/10

和食資格人気ランキング

和食は日本の大切な文化です。しかし、海外の料理が入ってきたことで、今では洋食がメインになってきています。現在は、健康志向が強まり、低カロリーでヘルシーフードでもある日本食が取り上げられるようになりました。ユネスコ無形文化遺産にも登録されたことで、世界的に注目を浴びるようになりました。海外では和食専門のレストランも多く出店しています。しかし、和食は繊細であることから作ることは意外と難しく、苦手としている人も多いはずです。また、箸の持ち方を知らない、骨付きの魚が食べられないなど、和食のマナーを知らない人が増えてきており、和食の知識を身につけるなどのために和食の資格は注目され始めています。和食の資格の中で人気のあるものをランキング形式で紹介します。

1位  和食エキスパート

だしの種類や、和包丁などの道具の種類、煮物についてなど基本的な和食の知識・技術・技能を習得していることを証明する資格です。幅広い知識が習得できるので、講師や調理師、花嫁修業の一環として資格を取る方が増えてきている今一番人気の和食の資格です。また、資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師として活躍できるので、和食を人に伝えたい方に特に人気があります。

2位  日本料理インストラクター

日本料理に関する知識だけではなく、季節ごとの料理のレシピ、懐石料理に関する知識などを持っていること、そしてその知識を人に教えることができるということを証明する資格です。資格取得後はインストラクターとして日本料理の知識を教える仕事に就くことが可能です。この資格は、調理師だけではなく、料理教室の講師や食に関心の高い方などからの人気が高い資格です。また、自宅で受験できることも理由のひとつです。

3位  和食検定

和食検定は、日本の食文化を正しく理解し、伝えるための基礎知識、和の食文化の専門知識、日本古来の行事との関わりなどや実務知識の理解度を図るための筆記試験です。レベルに応じて内容は難度は違いますが、箸の持ち方から着物の知識、おもてなしの仕方など、幅広い知識が必要で、特にホテルや観光関連などのサービス業や外食産業に従事している方、留学生にも人気の資格ですが、初級レベル・基本レベル・実務レベルの試験があり、実務レベルに達するには3度の試験が必要になってきます。また、実務レベルになると和食についての説明を外国客向けに英語で行うという英語力も必要になります。

4位  和食マイスター

日本の伝統食文化や和食の基礎を学び、和食の歴史・特徴・調理・作法・マナーなど全般的に幅広く知識を深めることができるスペシャリストです。和食が好きな人や和食に興味がある方、国内外に和食の素晴らしさを伝えたい方、和食の料理の幅を広げたい方、和食の基本を活かしたい方に人気があります。

5位  和食アドバイザー検定

和食の知識やスキルを習得し、その魅力や素晴らしさを伝えたい方や和食の伝統を受け継ぐ人材の育成のための検定試験です。食材に対しての知識も必要とされるので、栄養士、食品関係や旅館、観光業などの従事者、農業や食育に関心のある方から注目されている検定試験です。和食アドバイザーは在宅受験ができるジュニア和食アドバイザーの資格取得が受験資格の必須条件となっています。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ