通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

実践空間ディスプレイデザイン認定試験が今話題の理由とは?

time 2014/07/15

実践空間ディスプレイデザイン認定試験が今話題の理由とは?

空いた時間を利用して資格試験のための勉強をしたいけれど、どの資格を目指したらいいかわからないという人は多いと思います。でも、やはり今話題となっている資格試験を目指して、キャリアップをしてみたり、他の人にはない技術やノウハウをつけたいと多くの人が思っているはずです。そんな人たちにオススメしたいのが、最近話題となっている実践空間ディスプレイデザイン認定試験です。

実践空間ディスプレイデザイン認定試験は、日本デザインプランナー協会が実施している空間ディスプレイデザイナーになるための資格試験です。空間ディスプレイデザイナーとは、スーパーやデパートなど、いわゆる小売店と呼ばれている商業スペースや、公共の建築物内のスペースなどについて、その色彩や照明を効果的に演出することによって、主催者やブランドまたはブランドデザイナーが意図しているコンセプトを伝える役割があり、今話題となっている専門職の一つです。では、実践空間ディスプレイデザイン認定試験がこれほどまでに話題となっている理由とは何でしょうか?

一つには、「空間ディスプレイデザイナー」の需要が高まっていることが挙げられます。商品をつくっているメーカーや小売店の中には、商品の付加価値を高めるための手段の一貫として空間ディスプレイの重要性がますます高まっています。空間ディスプレイの基礎知識を有し、こういった付加価値を高めるためのディスプレイを効果的に演出する技術力を持っている空間ディスプレイデザイナーの需要は年々高まっており、最近話題となっているようです。

もう一つの理由は、専門的な知識や技術を要すると言われながらも、比較的短期間で資格が取得しやすく、初心者でも学習をはじめやすいということが挙げられます。もちろん、効率的に学習をする必要はありますが、通信講座などを利用して学習プランをたてれば、短期間での資格取得が可能なようです。受験者はデザイン事務所で働いている人から学生・主婦まで様々で、多くの人が目指すことのできる話題の資格試験となっています。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ