通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

実践空間ディスプレイデザイン認定試験の評判

time 2014/07/15

実践空間ディスプレイデザイン認定試験の評判

スーパーやショッピングセンター、デパートなどに行ってよく観察していると、商品がいかに効果的に陳列されているかがわかると思います。また、ブランドショップも、そのブランドによって背景色であったりインテリアが違ったものとなっていて、見ているだけでそのブランドの世界に引き込まれそうになったことはありませんか?実は、このような商業スペースの空間デザインは多くの場合が「空間ディスプレイデザイナー」と呼ばれる人たちによってされているのをご存知ですか?

空間ディスプレイデザイナーは、陳列や色彩などの基礎知識はもちろん、空間をどのように利用して設計者やブランドデザイナー、または店舗側の意図を効率的に伝えるかの技術を有しています。では、どのような人が空間ディスプレイデザイナーになれるのでしょうか?日本デザインプランナー協会が実施している「実践空間ディスプレイデザイン認定試験」に合格すれば、空間ディスプレイデザイナーへの道が開けると言われています。実はこの空間ディスプレイデザイナーは今最も注目されている専門職の一つですが、実際に空間ディスプレイデザイナーと働く人たちの間でその評判はどのようなものなのでしょうか?

■専門知識があるので、陳列をすべて任せられる
小売店でもともと販売の仕事をしていた方が空間ディスプレイデザイナーとなるケースも多くあるようです。実践空間ディスプレイデザインの資格試験では、色彩の基礎知識から陳列への応用まで空間ディスプレイに関する基礎と応用技術を有していることがテストされます。つまり、実践空間ディスプレイデザイン認定試験に合格するということは、陳列のスペシャリストになれるということでもあります。店舗側からすれば、論理立てて売り上げを伸ばすためにどのような陳列をすれば良いのか、そのノウハウを持ったスペシャリストがいることは非常に心強いことだと思います。優秀な空間ディスプレイデザイナーは、商品陳列だけでなく、マーケティングのスペシャリストにまでキャリアップをする人もいるようです。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ