通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

幼児食マイスター認定試験口コミ評判

time 2017/03/01

私たちの人間生活のライフイベントの中でも、出産・子育ては多くの人が経験し、なおかつ

人生の多くの時間を費やします。そして、私たちもまた子育てにより育てられた人間です。

子育ての中でも悩みの種の多くが「幼児食」についての悩みです。

幼児食は世間一般的に考えられている以上に、子どもそれぞれの体質に合わせた栄養バランスが求められています。

小さな頃に整った栄養バランスが得られるかどうかは、子どもの将来の身長などにも影響してきます。

子供が生まれたあと、幼児食について知識を得ようとしてもなかなか子育ての両立をしながら勉強するのはなかなか難しいものです。

そこで、幼児食マイスターという資格があります。幼児食について、専門的な知識を習得し、資格を取得することで、

家庭や教育の現場、飲食の現場で役立てることのできる資格となります。

日本安全食料料理協会という団体から提供されています。

今回は幼児食マイスター資格の詳細についてご紹介します。

幼児食マイスターとは?

子どもの成長に合わせて栄養バランスを考えた献立を作ることができる知識や離乳食から幼児食に変える時期、

幼児食に向く食材・不向きな食材など幼児食に関する知識を有する人に対し与えられる資格です。

まず、幼児食に関して精通するためには子どものからだの仕組みなどにも詳しくなくてはなりません。

この資格では、子どものからだの仕組み・栄養バランスについての知識・じんましんなどのアレルギー性の病気の知識など、

幼児の発育にとても重要な知識が盛り込まれています。

この資格を取得することで社会的に幼児食の知識に精通している、と認定されるでしょう。

資格取得後は?

資格取得をすれば、まず自身の食生活に関する知識が向上し、「健康を維持」することの一助となることは間違いありません。

また、飲食店に勤務している人、食品を取り扱っている人、食品を扱う業界で働きたい人、この知識を誰かにレクチャーし、活動するといった選択肢の幅があります。

また、合格者には合格認定証、認定カードを有料(各5,500円)にて発行しております。こちらの合格証を店頭などに掲げれば、店の信頼性や集客に良い影響があるでしょう。

日本安全食料料理協会とは?

こちらの資格は日本安全食料料理協会という協会が主催している資格となりますが、こちらの協会では食に関するさまざまな資格を認定している協会です。

日本安全食料料理協会は、食品・料理技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

このほかにも、私たちが普段なじみ深い食品に関する資格などを取り扱っているため、食に関するプロフェッショナルを養う協会となっています。

こちらの協会で何らかの資格を取得し、活動している人が多数存在するため、非常に信頼のできる協会となっています。

受験方法や受験料などは?

受験料:1万円

受験資格:特になし

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

試験日程:2月、4月、6月、8月、10月、12月の2ヶ月に1回

口コミ評判

実際にこちらの資格を取得した方の声

・「教育の現場で働いているが、子どもたちのために取得した。」

・「子育ての悩みの一つが解消された。」

・「難しそうなイメージがあったが、子育ての合間を縫って勉強し、取得できた。」

などといった声があるようです。

まとめ

幼児食に関する知識は、一般に考えられている以上にとても奥が深く、膨大な知識の量が必要です。

しかし、この資格を取得するためには大事な要点を押さえることで可能ですので、とても効率的です。

また、試験がとても不安な方は事前に通信講座などで勉強するのもありかと思います。(通信講座HP:https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/syokuikukenkou/)

こちらの資格が実際に気になった方は、日本安全食料料理協会のHP(https://www.asc-jp.com/test/syokuiku/)にアクセスし、チェックしてみるといいでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ