通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

幼児食資格人気ランキング

time 2017/02/20

離乳食よりも多くの食べ物を食べることができるようになった子供に提供するのが、幼児食です。離乳食や大人向けの食事とは異なるメニューを考えなければいけません。そのため、幼児食に関する基礎的なことを学ぶことができる資格取得を目指すことが大切です。

1位 幼児食マイスター

幼児食マイスターの資格は、子供の成長状態に合わせて栄養価の高い幼児食を考えることができる資格です。幼児食に適した食材の特徴や、子供の体つきの基本を学んだ人が獲得できます。蕁麻疹やかゆみなど、子供の肌に発生してしまうアナフィラキシーの予防や対策を理解していると認められるのも、魅力です。

子供のことを考えて、適切な処置ができるので、高い人気があります。受験資格がありませんので、誰でも申し込むことが可能です。また、自宅で試験にチャレンジすることができますので、必要以上に緊張して実力を発揮できないと悩むことはありません。

2位 ベビーフードインストラクター

ベビーフードインストラクターの資格は、子供が大きくなるにつれて必要となる食事に関する理解力があり、季節ごとの献立を考えながら作ることができる人が獲得できます。エネルギーの元になる黄色、体の基本となる赤色、体の状態を健康的に維持するための緑色が含まれた献立を作ることができます。

ベビーフードインストラクターは、幼児の体や運動量を考慮して食事量を調整することができるようになりますし、資格を活用してカルチャースクールなどで講師として活躍することができる人気の資格です。子供の健康をサポートしながら、副業として活用できる資格なので、一石二鳥の資格となっています。

3位 幼児食インストラクター

日本能力開発推進協会の試験に合格することができた人は、幼児食インストラクターの資格を獲得することができます。資格を持っている人は、幼児食に関する基礎的な知識や子供の発育と食事の関係性、子供の成長度合いに合った献立を作ることができると認められます。

子供の病気や食物アレルギーなどのトラブルに対処することができるスキルを持っていると証明することが出来るため、自分の子供や周りの子供達に適切なアドバイスをすることが可能です。受験の申し込みや合否の確認はインターネット上で行うことができますので、気軽に受験することができるでしょう。

4位 幼児食アドバイザー

幼児食アドバイザー資格は、料理スクールとして認知されている赤堀料理学園が監修するカリキュラムを学び、試験に合格できた人が書く時出来ます。幼児食アドバイザーを目指すために受講する講座では、幼児食の基礎や生活リズムの重要性など、幼児食に関する多くの知識を得ることが可能です。

離乳食を終えた子供に提供される幼児食は、発育に欠かせない栄養を摂取させながら、今後の食生活の方向を決めるとても重要なものですので、幼児食アドバイザーの資格を目指して勉強することが大切です。

5位子供食育健康管理コーディネーター

子供の食育やスポーツ栄養学などの知識を獲得することができる子供食育健康管理コーディネーターの試験は、高い人気があります。近年は、メタボリックシンドローム状態になってしまう子供の増加や、食事が原因で生活習慣病のリスクが生まれるなど、問題が生じています。

そのため、子供食育健康管理コーディネーターの資格取得を目指して子供の健康などを学ぶことで、幼児食の重要性を理解することができるでしょう。

子供食育健康管理コーディネーター資格を得るための勉強では、早く走ったり、高くジャンプしたりするために重要となる食事について学ぶことができますので、子供の成長を見守る親として知っておくと得になる情報をたくさん理解することが可能です。

試験を受ける前にオリジナルのDVDやテキストできちんと学ぶことができるようになっていますので、基礎的なことをしっかり理解した上で試験にチャレンジすることができるでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ