通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

time 2016/11/20

建築材料インストラクター認定試験口コミ評判

家を建てる際には、さまざまな建築材が使われます。まずは構造用材を木材にするのか、それとも石材や鉄鋼にするのかを決めなければいけません。構造用材が決まったなら、内外装の仕上げにどんな資材を当てるのかを決め、さらに断熱材や防水用材、吸音材などを、各部屋の機能に合わせて選ぶ必要があります。膨大なリストのなかから、自分たちの理想とする住まいに近づけるように適切な選択をすることは、建築材料のことなど学んだことのない素人には、ほぼ不可能です。

しかし、住宅に関するトラブルが絶えない今日の住宅環境を前に、施工業者の言いなりになるのではなく、理想の住まいになるように、建築材料を自らの力で選びたいと思う人たちが、このところ増えています。そのため各地で、建築材料についての講習会や教室が、盛んに開かれるようになってきました。

それとともに人気が増しているのは、日本インストラクター協会が主催する「建築材料インストラクター認定試験」です。建築材料インストラクター認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

建築材料インストラクターが大活躍中!

家を新築することは、ワクワクするほど楽しいことのはずなのに、新築によって新たな悩みを抱える人たちは、あとを絶ちません。その代表はシックハウス症候群です。新築した家に引っ越す前は、なにも問題なかったのに、引っ越し後は倦怠感や頭痛・めまいに襲われたり、湿疹に悩まされたり、ひどいときには呼吸器疾患で倒れることさえあります。

これらシックハウス症候群の原因が、建築の際に利用される接着剤や塗料に含まれるホルムアルデヒドなどにあることは、よく知られています。ということは、家を建てる前に、シックハウス症候群を予防することは、十分に可能だったことになります。

建築の際、どんな種類の接着剤や塗料が使われるのかを調べ、そこにホルムアルデヒドなど人体に有害な化学物質が含まれているのかどうかを知ることができれば、それらを使うことを未然に防ぐことができるからです。

あるいは、安全性の高い接着剤や塗料を使うように、具体的な種類を指定することもできます。しかし、当たり前ながら、建築材料に含まれる有害な化学物質を使わないように指示するには、建築材料についての知識とスキルが求められます。施工業者は利益率を優先することが多いため、盲信すると痛い目にあうことが、よくあります。理想の住まいを実現するためには、自らが建築材料についての知識をつけるよりありません。

こうした需要に応え、建築材料についてのプロとしての知識とスキルを、それらを知りたいと思っている人々に教えるのが、建築材料インストラクターの仕事です。自宅やカルチャースクールなどで教室を開き、建築材料についての講師活動を展開している建築材料インストラクターは、大勢います。

住宅のトラブルが絶えない今日、建築材料インストラクターを求める声は、日本中で強くなっています。建築材料インストラクターは、将来的にも極めて有望な資格といえるでしょう。

建築材料インストラクター認定試験の口コミ・評判

建築材料インストラクター認定試験への注目度は、近年著しく増しています。建築材という、日常生活ではあまりなじみのない知識と技能が問われるため、しっかりとした試験対策を立てて臨まないと、合格はおぼつかないように感じます。

ほとんどの人が知ることのない建築材料についての専門的な知識と技能だからこそ、それを身につけることで講師としての活動ができるわけですから、学ぶことのハードルが高いことは、ある意味、当然のことといえるでしょう。

そこで、実際に建築材料インストラクター認定試験に合格している人たちは、どんなふうに建築材料について学んだのかを知りたくて、ネットで検索してみました。すると、意外なことに、多くの合格者が学習をはじめてから短期間のうちに、合格を果たしていることがわかりました。

しかも、建築関連の仕事に就いていたわけでもない、ごく普通の主婦の方や、OLさんたちが、多数合格を果たしていました。短期合格を果たした人たちに共通していたのは、通信講座を利用していることです。

住まいアドバイザーを養成するための通信講座を受講することで、誰でも建築材料インストラクター認定試験に合格できるレベルに到達すると、多くの経験者が口を揃えていました。通信講座では、建築材料についての知識など、なにひとつもたない人を対象に初歩的なことから学べるため、無理なく自然に、試験に出る範囲だけを効率よく、学ぶことができるそうです。

そのため、学習にかける時間も少なく、比較的楽々と建築材料インストラクター認定試験に合格できるとのことでした。それでいて、建築材料インストラクターの資格を取得することで、大きな見返りを得られることになりますから、かなり魅力的な選択であるように感じました。

どうやら建築材料インストラクター認定試験に短期合格を果たすためには、通信講座を活用することが、もっとも楽で賢い選択のようです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ