通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

建築模型・住宅模型資格人気ランキング

time 2016/10/17

建築模型・住宅模型資格人気ランキング

建築現場では、今ではCAD(コンピューター支援設計)が主流になっていますが、建築模型・住宅模型は360度の角度から見ることができるので、手作り感と親近感にあふれ、図面や製図にはない、捨てがたい魅力があります。建築業にはさらに、3Dプリンターがこしたんたん(虎視眈々)進出の機会を狙っています。清水建設は2016年、3Dプリンターでフルカラー製作した世界最大級の3D建築模型を製作し、公開しました。石膏3Dプリンターで表現できる限界まで挑んだ精密かつ詳細なモデルで、総重量約100kg、建物一棟の1/40スケールでした。

このような状況の中で、建築模型(住宅模型)は坪あたり数百円のコストで制作できます。模型作りを趣味とする人にはびっくりする価値です。ですから趣味と実益を兼ねるのでしょうか、建築模型の資格を取りたいという人は後を絶ちません。大手の建築会社や工務店では、依頼人の要望に応えて、社内の資格保持者に模型を作らせています。もちろん、建築模型を作らず、手書きのパースや3DのCGパースなど、紙に描かれたものだけで済ます場合も多々あります。

ランキング1位「実践建築模型認定試験」資格

日本デザインプランナー協会(JDP)が認定する資格です。建築模型を使って実践的なプレゼンテーションができる知識や製作能力を備えた人を認定します。依頼者は設計図面を理解するのが難しい場合が多く、設計者の意図を分かりやすく伝えるためのツールである建築模型を使って説明する能力と技能が問われます。

建築模型は、今後しばらくビジネス現場では欠かせないものです。有資格者は実際、建築模型に関するさまざまな業務に活用することができます。また自宅や教室で講師として活動する機会もあります。

この実践建築模型認定試験は、1級と2級に分けられており、どちらも知識と技能を保持していることを証明するための試験です。具体的には、2級は図面を見ながらRC造(鉄筋コンクリート造り)住宅模型を製作できるスキル、1級はRC造と木造の2種類の住宅模型を製作できるスキルが問われます。1級資格は、製作者として真に実践的な業務を行える水準にあると認められます。試験はインターネットで申し込めて、在宅で受験できる受けやすい試験です。受験料は1万円。

日本デザインプランナー協会

資格TOPページ

ランキング2位「建築模型技工士インストラクター」資格

日本インストラクター協会(JIA)が認定する資格。スタディー模型、プレゼンテーション模型、検討模型、説明模型、展示模型、体験模型、比較模型、原寸模型などを十分に理解して、実務に通用するレベルまで達した人が認定されます。

資格取得には協会の認定試験に合格するか、協会が指定する教育機関の講座を受講して、修了と同時に資格を取得します。試験の難易度はそれほど高くなく、趣味でこれから模型を始めたい人にも向かいます。講師活動をしたり、教室を開いたりすることもできます。建築業界や住宅メーカーなどで仕事に活かすこともできます。受験料は1万円。インターネットで申し込み。在宅受験できます。

日本インストラクター協会
https://www.jpinstructor.org/

ランキング3位「建築模型士Primary」資格

がくぶん総合教育センターが主催する通信講座「建築模型製作技能講座」のすべてのカリキュラムを修了した人が認定される資格です。講座は、課題を送付し添削を繰り返すことで進めます。受講期間は6ヶ月、試験実施は年4回で在宅受験です。

本講座の最終課題に合格して講座を修了すると、「建築模型士Primary(プライマリー)」の資格が認定されます。模型製作に必要な知識と技能を習得した建築模型士であることを証明し、仕事を始める際にも自信を持ってアピールできる資格です。受講料は5万9909円。建築模型を作るのに必要な道具や材料、図面集などがセットで送られてきます。講座は、添付のDVDを見ながら模型を作る形で進みます。

建築模型士Primary
http://www.gakubun.net/

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ