通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判

time 2016/11/01

建築模型技工士インストラクター認定試験口コミ評判

建築模型の制作を専門に行う人のことを、建築模型技工士と呼びます。建築設計事務所では、建築模型を外注として出すことが多いため、建築技工士の活躍の場は、十分にあります。あるいは、仕事としてではなく、ひとつの趣味として建築模型の制作を行う人も、最近では増えています。こうした仕事として、趣味として、建築模型の制作を行いたいと希望する人に向けて、建築模型の基本からはじまり、プロとしての専門知識や技術を教える資格として、日本インストラクター協会が主催する「建築模型技工士インストラクター認定試験」が、今日ではおおいに注目されています。そこで、建築模型技工士インストラクター認定試験に関するネット上の口コミや評判を、集めてみました。

仕事として、趣味として、建築模型が注目される理由とは?

仕事として、建築模型技工士が注目されている一番の理由は、その単価の高さです。建築模型の外注を受けた場合、個人住宅で3~6万円、ビルやマンションなどの大型建造物で、8~10万円が相場となっています。個人住宅で3日から1週間、大型建造物で2週間ちょっとで完成することを考えると、建築模型の制作は極めて効率よく稼げる仕事であることがわかります。

しかも制作は自宅でできるため、家事や育児の空き時間を利用すれば事足ります。ネットの情報を検索してみると、建築模型技工士として独立して、専業で稼いでいる人もいれば、主婦層を中心に、副業として取り組んでいる人も、かなりいます。専業でも副業でも、自分のライフスタイルに応じて受注する件数を調節することで、自由に対応できることが、建築模型技工士の魅力です。

仕事としてではなく、趣味の一環として建築模型を楽しむ人も、最近では急増しています。自分の理想とするマイホームを、模型として形にしてみたいと思う方が増えているからです。外観ばかりでなく、内装やインテリアまで、自由に制作できることが、建築模型の楽しいところです。プラモデルのように、あらかじめ形の決まったなにかを作るのではなく、創意工夫を重ねることで、次第に理想のマイホームに近づけていく喜びが、建築模型にはあります。

自分の設計した建築模型を飾っておけば、それを眺めるだけで、家事でも仕事でも、どんどんやる気が増していくものです。さまざまなモチベーションを維持するためにも、建築模型は大いに役に立つことでしょう。

建築模型技工士インストラクター認定試験の口コミ・評判

これまで見てきたように仕事と趣味の両面から、建築模型の制作を希望する人が増えています。とはいえ、建築関係に携わった経験のない人が、いきなり建築模型を作ろうとしても、途方に暮れるばかりです。どんな材料を使って、どこから手をつければよいのか、設計図はどうやって読めばよいのか、等々、わからないことだらけです。そこで今、求められているのが、建築模型の制作について基礎知識ゼロからはじめても、プロ並みの建築模型を完成できるように丁寧に教えてくれるインストラクターです。

そして、建築模型技工士を養成できるだけの知識と技能を有することを証明する資格こそが、日本インストラクター協会が主催する「建築模型技工士インストラクター」です。建築模型技工士インストラクター認定試験に合格することで、この資格を手にすることができます。

建築模型技工士インストラクター認定試験は在宅で受験できるため、それほど難しい試験ではありません。通信講座を利用して、基礎からしっかり学ぶことで、合格は確実なものとなります。建築についてまったく知識のない主婦の方でも、短期間に合格できたとする口コミが、ネット上でもかなり見受けられます。

実際に建築模型技工士インストラクターの資格を得た人は、カルチャー教室や自宅で教室を開き、建築模型の作り方について指導に当たっているようです。また、インストラクター業務の傍ら、建築模型を制作し、それをネットオークションで販売している方もいます。

建築模型が趣味としての裾野を広げている今、建築模型技工士インストラクター認定試験に合格すれば、建築模型を中心にさまざまな活動が展開できそうです。建築模型技工士インストラクターは、きわめて将来性の高い資格と言えそうです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ