通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

手作り石鹸資格人気ランキング

time 2016/11/10

手作り石鹸資格人気ランキング

石鹸と聞くと購入するものと思われがちですが、石鹸は手作りすることができます。毎日使う石鹸だからこそ、オリジナルの石鹸や無添加で肌にやさしい石鹸を手作りするスキルを身につける方が増えてきています。ハンドメイド商品が増えてきている中で、実用性のあるプレゼントとして手作り石鹸を贈る、販売する、手作り石鹸の作り方を教える講師として活動したりと需要範囲も広がっており今後ますます人気が出てくる分野です。手作り石鹸の資格人気ランキングを紹介します。

1位  コールド・プロセスソープマイスター

コールド・プロセスソープマイスターとは、手作り石鹸に関する基礎知識や道具の選び方、材料や効果に応じたオイル選びなどを習得し、個人に合ったハンドソープを作ることができる人をプロとして日本デザインプランナー協会(JDP)が認定した資格です。自分の肌に合った石鹸を作りたい方や、オイルやフレッシュハーブを使った石鹸が作れたり、スキンケアやアロマに関心の高い方に注目されています。

2位  手作り石鹸インストラクター

日本インストラクター協会(JIA)主催の認定試験で、手作り石鹸の作り方が理解できており、かつ、その技術・知識を指導することができるスキルを持っている人に贈られる資格です。在宅受験ができること、資格取得後は、自宅やカルチャー教室での講師活動ができたり、手作り石鹸を販売することができるので人気があります。

3位  マスター・ソーパー

マスター・ソーパーはハンドメイド石けん協会がソーパーとしての知識や経験、講師としてのスキルがあると認定した人に贈られる資格です。マスター・ソーパーになるためには、HSA会員であること、ジュニア・ソーパーとして2年以上の経験があること、スキルとキャリアアップを図るためのスター講習会を受講して、化学・技術・材料・化粧品学の各カテゴリーのスターを3つ以上取得後、ホームソーパー検定を行い10名以上の合格者を排出し、面接を受けたうえでの認定となるため、資格取得には数年の実績や経験が必要で、最高ランクの石鹸の資格となります。資格取得後は、同協会の運営を担うために中心メーンバーとして活動し、ハンドメイド石けん協会(HSA)主催の認定講習会やスター講習会での講師として活動することができます。

4位  シニア・ソーパー

ハンドメイド石けん協会(HSA)が認定している資格でマスター・ソーパーと同じように経験と実績が必須となる資格です。資格取得には、HSA会員であること、ジュニア・ソーパーとして2年以上の経験があること、スキルとキャリアアップを図るためのスター講習会を受講して、化学・技術・材料・化粧品学の各カテゴリーのスターを3つ以上取得後、ホームソーパー検定を行い、10名以上の合格者を排出すること、シニア・ソーパー認定講習会を受講し、理事による面接を受けて合格すれば認定されます。資格取得後はソーパーとして資格を取りたい方のために講習会を開いたり、試験を実施することができます。

5位  犬の石けんマイスター

人と同様、犬にも石鹸を使います。愛犬だからこそ手作り石鹸を使ってあげたいという方が増えてきました。犬の石鹸マイスターはそんな方のために、犬の石鹸んに関する基礎的な知識を習得し、愛犬のため、犬の特性に合わせたレシピを作り石鹸が作成できるスキルがあるとハンドメイド石けん協会が認定した人に贈る資格です。HSA会員であること、ジュニア・ソーパー以上の有資格者であることが条件となります。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ