通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

日本茶・お茶資格人気ランキング

time 2017/02/21

お茶は、中国で誕生したと言われており、日本でも愛されています。茶葉の発行度合いによって異なる種類のお茶が完成し、味や香りの違いを楽しむことが可能です。お茶のことを理解している専門家として活躍できる資格を取得し、お茶の素晴らしさを広めることが大切です。

1位 日本茶セレクター

日本安全食料料理協会が認定する日本茶セレクター資格は、日本茶に関する知識を持つ人材として認めてもらうことが可能です。日本茶の歴史や茶葉に関する基本情報、茶摘みの知識など専門家として知るべき基本的なことをきちんと理解していると認定してもらうことができる資格ですので、資格取得後は講師活動を始めることができるでしょう。

受験資格はありませんし、インターネットで申し込むことができますので、誰でも試験に挑戦することが可能です。試験は自宅で受けることができますので、外出して無駄な時間や出費を使うことがありません。

2位 緑茶インストラクター

日本インストラクター協会で取得することができる緑茶インストラクターの資格は、緑茶のプロとして認められる資格です。茶葉によって異なる美味しく淹れるためのコツや、茶器の種類など、日本茶の情報を持っているとアピールすることが可能です。

緑茶インストラクターの資格を持つ人は、日本茶を活用して作ることができるレシピの知識を持っていますので、アレンジレシピを作って緑茶の魅力を多くの人にアピールすることができるでしょう。

緑茶インストラクターの資格を用いて自宅やカルチャースクールで活躍することができますので、副業を始めたい人にうってつけの資格です。

3位 日本茶アドバイザー

日本茶アドバイザー資格は、日本インストラクター協会が認定しています。日本茶のプロとして認めてもらうことができるのですが、日本茶インストラクター資格に比べて、初心者に優しい資格となっています。

日本茶アドバイザーの資格は、試験に合格しなければ取得できないのですが、受験するためには、養成スクールに通ったり、通信講座で学んだりする必要があります。通学コースの場合は、同じ目標を持つ仲間と一緒に学ぶことができますし、通信講座コースは、日本茶インストラクターを目指す人のための学習をすることができます。

資格を得ることができれば、日本茶教室でアシスタント活動をしたり、和風カフェで学んだ知識を活用したりすることができますので、活躍できる場所を多く持つことができるでしょう。

4位日本茶インストラクター

日本茶のプロとして教育活動を始めたり、日本茶に関わる仕事に就きたいと考えたりする人にオススメなのが、日本茶インストラクターの資格です。資格を取得した人は、日本茶教室の開催や学校やカルチャースクールなどで講師として活躍することができるようになっています。日本茶が好きな人にとっては、好きなことを仕事にすることができるため、生きがいを持つことができるようになります。

日本茶アドバイザーの上位資格として認知されているのですが、日本茶インストラクターを目指すために行われている講座は通信講座のみとなっていますので、注意が必要です。20歳以上であれば誰でも挑戦可能となっています。

日本茶のプロとして活躍したいのであれば、しっかりと学習をして、合格を目指すことが大切です。

5位 日本茶スペシャリスト

日本茶スペシャリスト資格は、日本茶教室を開講したり、日本茶ショップで活躍できたりする資格です。資格取得に必要となる試験を受けるためには、日本能力教育促進協会が認定する講座にて受験を申し込む必要があります。

認定講座では、山地による違いや茶葉のグレードなど、日本茶の専門家として活躍することができる専門的な知識を取得することができるようになっています。また、日本茶の知識だけでは無く、日本茶をかつようしたおもてなしの心や、ビジネスマナーも学ぶことが可能なので、多くのことを勉強することができるでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ