通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

水彩資格人気ランキング

time 2018/08/06

水彩資格人気ランキング

絵を書くのが好きな方・得意な方、絵は描かないけど絵をみたりするのが趣味だという方は水彩画と聞いてすぐに色々な作品やどんなものかということが頭に浮かぶと思います。しかし、絵があまり得意ではないという方にはあまりピンと来ないかもしれませんが、水彩画は一番親しみがあるものだと思います。小学生の時や中学生の美術の時間などに習っていたものが水彩画だと言えばピンとくるのではないでしょうか。水彩画は、道具もシンプルで絵具(透明水彩・不透明水彩)・筆・鉛筆・タオル・紙(画用紙など厚めの紙)・パレットなど絵の知識があまりない方でもわかる道具で始めることができるのも長年人気の一つではないでしょうか。絵を始めようと思うと道具を揃えるのにも高い金額がかかりそうというイメージがありますが、上記にある通りの道具ですので手が出しやすい金額で始められます。初心者向けの水彩画ですが、重ねて塗る「重ね塗り」や「ぼかし」「ウエットインウエット」「ウエットインドライ」など色々な色彩やタッチを描くことができ、人物画や風景画さらに身近な犬や猫などのペットなど被写体を選ばないので知れば知るほど奥が深くそして楽しむことができます。水彩画で有名な作品や画家と言えば「アルブレヒト・デューラー」の『野うさぎ』や「ウィリアム・ターナー」が知られています。このような方々の水彩画をみながら独学でされてもいいと思いますが、やはり基礎的な知識や技法などがあるのとないのでは仕上がりに差があると言われています。水彩画に興味があり始めようと思っている方や水彩画を少し描いていて基本から学びたい方、絵を始めたいけど何からしていいのか分からない方など、様々な方に支持されている水彩画の資格があることをご存知ですか?今回はそんな手軽に始められる水彩画の資格人気ランキングを第2位までご紹介したいと思います。

1位:水彩アーティスト

水彩アーティストは、日本デザインプランナー協会(JDP)認定の資格です。

水彩アーティストとは、水彩画で使用する絵具の種類やモチーフ・道具(絵具・筆・紙・パレットなど)の知識や選び方・保存方法など水彩の基本的な知識を有しているのはもちろん、水彩の技術・構図の知識など水彩に関しての様々な知識と技能を有している証の資格です。水彩アーティストの試験を受けるにためには公式ホームページよりインターネットでの申込みになります。受験資格は特にありませんので、水彩画に興味があるかたや挑戦してみたい方などどなたでも受験することができます。受験方法は、どこかの会場に足を運んでも試験をするわけではなく、在宅での受験になりますので気軽に受けやすい資格と言えます。さらに、試験日程も2か月(2・4・6・8・10・12月)に1度と比較的頻繁に行われていますのでご自分のペースに合わせて受験することが可能です。70%以上の評価で合格です。受験料は10,000円(消費仕込み)です。

資格取得後は、水彩アーティストの講師としてカルチャースクールなどで活動することができます。

その他に「諒設計アーキテクトラーニング」の講座から水彩画インストラクターの資格を取得することもできます。方法としては2つあり、1つは「学習・添削・卒業・試験・資格取得」という流れで、ご自分で試験に合格して資格をとる通常の講座、もう1つは「学習・添削・卒業・試験免除で資格取得」という卒業課題を提出し資格を取得できるスペシャル講座があります。どちらの方法でも最短2か月で取得可能です。

2位:水彩画インストラクター

水彩画インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)認定の資格です。

水彩画インストラクターとは、水彩画の描き方(例えば風景画・静物画・人物画など)や描く際のコツや順番・表現方法(水・光・空など)・構図の決め方・塗り方・陰影の技術など水彩画に関しての色々な基本知識を有している証の資格です。さらに、塗り方やデッサンなどの応用テクニック、色を作る知識・混色や重色などの知識と技術も有している証です。

水彩画インストラクターは、受験資格は特にありません。どなたでも受験することができます。受検申請はインターネットより行い在宅で試験をします。試験日程は1年間に6回ほど実施されていますので、受験のタイミングを逃したということが少なくご自身のタイミングで受験することができます。仮に近い日程での試験に自信がない場合、もう少し学習をし2か月後の試験に挑戦しようということも可能ですので計画しやすいでしょう。

資格取得後は、水彩画インストラクターとしてカルチャースクールなどで講師のお仕事ができるようになります。

以上、水彩画の資格人気ランキングをご紹介しました。興味を持たれた方はぜひ挑戦してみてはいかがでしょう。趣味でも仕事のスキルアップにも役に立てることができるでしょう。
水彩画資格  水彩画資格

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ