通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

水耕栽培資格人気ランキング

time 2018/08/03

水耕栽培は最近大変注目を浴びていますよね。水耕栽培は土を使わずに水(養液)を使って栽培します。ですので、野菜を育てたくても庭や畑がない・ベランダが狭い・虫が苦手などの理由で今までできなかった方でも室内で栽培できるため手軽にできることも人気の一つと言えるでしょう。スペースも広くなく小さくてできますし、ペットボトルでも水耕栽培をすることができ、最近では水耕栽培キットなども販売されています。水耕栽培でどんなものができるのでしょう。例えば、チューリップなどの球根類・サニーレタスなどの葉野菜・イチゴやトマトまで栽培できるそうです。さらに、バジルやミントなども栽培できるので、採れたてのバジルやミントなどを料理のアクセントや飾りにということもできるようになりますので、料理が楽しくなりますね。そんな水耕栽培に資格があることをご存知ですか?今回は水耕栽培の資格人気ランキング第3位までご紹介したいと思います。

 

1位:野菜水耕栽培士

野菜水耕栽培士は、日本生活環境支援協会(JLESA)認定の資格です。

野菜水耕栽培士とは、水耕栽培で野菜を育てる際の基本知識はもちろん、水耕栽培で使う道具・野菜(トマト・クレソン・えんどう豆・いちご・小松菜など)を栽培する方法・技法(タワー型・発砲スチロール・連結式など)・水温や害虫の対策など様々な知識を有している証の資格です。さらに水耕栽培だけではなく植物に関しての育て方の知識も求められます。野菜水耕栽培士の受験資格は特にありませんのでどなたでも受けることができます。試験日程は2か月に1度、年6回実施され、在宅での受験になるので忙しい方でも挑戦しやすいでしょう。申し込み方法は、公式ホームページよりインターネットで行ないます。70%以上の正答率で合格です。

資格取得後は、趣味として家庭菜園のように水耕栽培をする際にとても役に立ちますので様々な野菜や植物を育てることができます。さらに趣味だけではなく野菜水耕栽培士の講師としてカルチャースクールなどで活動することができます。

 

2位:水耕栽培インストラクター

水耕栽培インストラクターは、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の資格です。

水耕栽培インストラクターとは、水耕栽培の基礎知識は元より水耕栽培での野菜や果物の育てかたの知識を有している証の資格です。水耕栽培は、水を使うのでその配管やポンプ・水の交換の仕方など水に関しての知識も有しています。さらに、水耕栽培する場所(キッチンやベランダなど)、ペットボトルを使用しての方法・植床の種類・選び方・目的別(食用野菜・観賞用・緑のカーテンなど)の栽培方法の知識や技術を有している証の資格です。

水耕栽培インストラクターになるためには水耕栽培インストラクターの資格が必要ですが、受験資格はとくにありません。受験料は10,000円(消費税込み)で、インターネットで申し込みをします。試験日程は年間(2・4・6・8・10・12月)の6回行われています。お仕事などで忙しい方や小さなお子様がいてなかなか外出が難しい方にも嬉しい在宅での受験です。試験は2か月に1度実施されており、わざわざ会場に行って受験ではなく在宅ですので気軽にチャレンジしやすい資格と言えます。

資格取得後は、水耕栽培インストラクターとしてカルチャースクールなどで活躍することもできます。

 

3位:美味安全野菜栽培士

美味安全野菜栽培士は、日本園芸協会の通信教育で取ることができる資格です。

美味安全野菜栽培士とは、野菜の基本的な知識はもちろん、身近な野菜(トマト・きゅうりなど)や珍しい野菜の栽培方法・土・肥料など色々な知識と有機栽培や野菜の加工の方法・販売の仕方などの技能を有している証の資格です。さらに、この資格では野菜を栽培する知識だけではなく、栽培した野菜を漬物や野菜ジュース・ピクルス、有機農法で作ったいちごをジャムに活用する技術と知識も学ぶことができます。

 

講座のカリキュラムでは、野菜の基本知識(品種・成分・歴史・病気と害虫の対策・除草など)から土の作り方・畑の改良・種まきなどの野菜栽培に必要な技術、有機農法の定義や有機肥料の作り方・野菜の需要と供給など幅広く学びます。さらに、葉茎菜(キャベツ・ホウレンソウ・ブロッコリー・パセリなど)・果菜(トマト・きゅうり・スイートコーン・トウガラシ・白インゲンなど)・根菜(ダイコン・ニンジン・サトイモ・ショウガなど)の作り方や収穫の仕方、種を手に入れる方法など幅広い知識を身につけることができます。

 

資格取得後は、美味安全野菜栽培士の講師として活動することができます。

美味安全野菜栽培士の資格は6か月の学習期間で取得可能ですが、6か月で取得できない場合でも無料で学習期間を延長することができますので安心ですね。

受講料は一括払いの場合47,000円(消費税込み)

分割払いの場合 4,300円×12回(消費税込み)です。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ