通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

洋食資格人気ランキング

time 2017/06/29

1位:洋食エキスパート

いくら和食が好きだからといっても、毎日続きますと洋食や中華が食べたくなってきます。エスニック料理やインド料理、多国籍料理なども街中に出現してきています。その中でも子どもから大人まで好まれているのは洋食でしょう。国内外を問わず多くの人々に愛されている料理です。そんな洋食について専門的な知識やスキルを学ぶことができるのが洋食資格です。洋食資格の中でも日本安全食料料理協会が認定している洋食エキスパートは、飲食業で働く方に人気があって身に付けておられる資格です。ここでは、洋食エキスパートとして、その資格を生かしておられる方の口コミ評判をご紹介します。

『私が勉強をしました日本安全食料料理協会の洋食エキスパートの資格取得では、次のようなことを学びました。

・洋食の歴史

・洋食で使う道具や調味料

・洋食のマナー

・洋食のソースの作り方

・レシピなど実践的な知識

このような基本的な知識を持って、調理で実践するのです。私はもともと洋食にたいへん興味がありましたので、ある程度のことは知っていましたが、詳しく知れば知るほど熱中して勉強することができました。日本安全食料料理協会では、食料や料理に関しての資格を認定している団体で、その信用度は高いです。就職や転職のときに「日本安全食料料理協会の資格」ということが有利になっているのです。資格取得後、思っていました通り、街の洋食屋さんに一発で採用していただきました。洋食エキスパートとして働かせてもらっています。ここで修行をして、将来的には自分でお店を持つことができればいいなあと思っています。洋食に興味がある方、洋食屋さんなどで働きたい方などにおすすめの資格だと思います。』

2位:健康西洋料理インストラクター

日本インストラクター協会が認定している資格が健康西洋料理インストラクターです。料理をする時に、食材にあった調理というものがあります。洋食を作る時に使うお肉やお魚、野菜などの食材の知識を身に付け、食材にあった調理をすることができるようになることが求められます。そのために、多くの知識やスキルを習得していかなければなりません。健康西洋料理インストラクターになれば、多くのレシピをマスターしますので、オムライスやハンバーグ、エビフライなどにも自分の個性を出して調理ができるようになります。また、お料理に欠かせないブイヨンやデミグラスソースなどのソース作りも学びますので、いろいろな好みを持った方に対して提供できるようになります。もちろんインストラクターですから、知識として理解したことを人に指導することができます。ですから、レストランなどで働く場合も、自宅で教室を持つことも、カルチャースクールで講師活動をすることもできるのです。

3位:西洋料理テーブルマナー講師認定試験

西洋料理テーブルマナー講師認定試験は、厚生労働大臣指定「一般社団法人日本ホテル・レストランサービス技能協会」が認定している資格です。テーブルマナーの歴史やマナーについて習得していきます。認定試験を受けるためには、日本ホテル・レストランサービス技能協会の西洋料理テーブルマナー講師認定セミナーを受講しなければなりません。セミナーの受講料は一般が、27,000円、認定試験の受験希望者は、個人会員年会費10,000円(個人会員への入会が受験資格)と参加費23,000円が必要です。

4位:フードスタイリスト

日本フードライセンス国際協会が認定している資格が、フードスタイリストです。スタイリストですから、フード(料理)をいかに美味しく演出するかという知識やスキルが必要になります。お客様に「美味しそう!」と言ってもらえる演出を魅せるスタイリング技術、食に関する知識を持ちながらも食品撮影を行う感性も必要になる資格です。フードスタイリストは、3級から1級まであります。まず3級から取得しなければなりません。その後、資格のステップアップをしていくことになります。受験料は、3級では35,000円(認定登録料込み)2級は、40,000円(筆記試験料、実技試験料、認定登録料)1級は、100,000円(受験料、認定講座受講料、認定登録料)です。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ