通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

温泉観光アドバイザー認定試験口コミ評判

time 2017/03/01

近年では、温泉観光に関する試験が多数の機関の主催のもと、実施されています。

その試験内容は多種多様で、どの資格を取得するかによって取得後の知識にもそれぞれの資格の特色が出てきます。

今回みなさんにオススメしたいのは、日本生活環境支援協会という機関から実施されている温泉観光アドバイザーという

資格になります。

温泉観光のプロフェッショナルともいえる資格ですが、温泉観光というとただのんびりと温泉に浸かって、

リラックスする、というイメージがあるかと思います。

しかし、この資格ではそれぞれの温泉の泉質・泉温・効能・特徴を理解したと認められる人に認定される資格です。

専門性の高い知識を習得し、第三者にアドバイザーとして講師活動を行うにふさわしい資格となっています。

また、温泉に関する歴史なども試験に出題されます。

昨今では温泉にただ観光として向かうだけでなく、リウマチなどの慢性疾患の予防・緩和のために温泉に向かう方も多数います。

そういった方々は温泉の泉質などにより強いこだわりを持っています。

そういった点からも、今とても必要とされている資格といえます。

温泉観光アドバイザーとは?

温泉観光アドバイザーとして、全国の温泉に関する知識を有していることが証明されます。

例えば、各温泉の所在地・泉質・泉温・効能・特徴を理解し、温泉にまつわる歴史など観光に関する知識を有していると証明されます。

全国各地の温泉によってさまざまな、効能・特徴があります。こういった知識は一般の人ではなかなか持ってせん。

そういった点からも、専門性の高い資格といえます。

資格取得後は?

資格取得後は、温泉観光アドバイザーとしてビジネスに活用できるでしょう。

温泉にはさまざまな健康に関する利点があります。健康志向の高い日本人には、温泉の泉質などをよく

理解している人からのアドバイスやレクチャーなどが必要とされています。

この資格をフル活用して、自身の趣味やビジネスに役立てるといいでしょう。

また、合格者には合格認定証、認定カードを有料(各5,500円)にて発行しております。

日本生活環境支援協会とは?

日本生活環境支援協会は、生活における技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

各スキルを有する技術者として備えるべき能力についての水準を示すことにより、それら技術の向上に資すること、

また、各スキルを利用する企業、現場が人員の採用を行う際に役立つよう客観的な評価の尺度を提供し、

これを通じて各スキルの技術者の社会的地位の確立を図ることを目的としています。

生活のお役立ちスキルを多数取り揃えている協会となっています。

生活に必要なスキルで、なおかつ今までありそうでなかった形の資格が多数あります。

受験方法や受験料などは?

受験料:1万円

受験資格:特になし

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

試験日程:2月、4月、6月、8月、10月、12月の2ヶ月に1回

口コミ評判

実際にこちらの資格を取得した方の声

・「温泉の歴史などに詳しくなり、趣味の温泉観光がより一層楽しくなった。」

・「温泉に関する他の資格よりも、他人にレクチャーするための必要知識が多いと思う。」

・「周りの友人や家族に知識をレクチャーできる。」

などといった声があるようです。

まとめ

類似した資格として日本インストラクター協会という機関の「サナトリウム健康アドバイザー」という資格もあります。

こちらの資格と同時に取得すると、さらに抜け目のない知識が身に付くと思います。

また、試験がとても不安な方は事前に通信講座などで勉強するのもありかと思います。(通信講座HP:https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/syokuikukenkou/)

こちらの資格が実際に気になった方は、日本生活環境支援協会のHP(https://www.nihonsupport.org/shiken/wagashi/)にアクセスし、チェックしてみるといいでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ