通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

温泉観光資格人気ランキング

time 2017/02/21

外国人観光客が増えている日本では、温泉など日本の文化をアピールすることが重要と言われています。気持ちよく入浴することができる温泉ですが、温泉の泉質や入浴することで得られる効果など、温泉のことを詳しく知っている専門家を目指す人は資格を獲得する必要があります。

1位 温泉観光アドバイザー

日本生活環境支援協会が認定する温泉観光アドバイザーは、全国各地にある温泉の知識を持っている人物として認められることが可能です。温泉がどこにあるのかや、効能、特徴を理解しているため、資格を手に入れることができれば、自宅やカルチャースクールで温泉のことを教えながら収入を獲得可能です。

誰でも受験することができるしけんですので、敷居が高いと感じることがありませんし、試験を家の中で受けることができるようになっていますので、普段と同じ環境で落ち着きながら問題を解くことができるでしょう。

70%以上の評価が合格の基準ですので、きちんと勉強しておく必要があります。

2位 サナトリウム健康アドバイザー

日本インストラクター協会が資格を認定するサナトリウム健康アドバイザーは、温泉のことに詳しい人として認められる資格です。泉質の種類や温泉に入る時のルールなど、温泉に関する幅広い知識のある人材になることができる人気の資格です。

サナトリウム健康アドバイザーは、単純温泉や源泉かけ流しなど、専門用語についてもきちんと理解することができていると証明してもらうことができますので、自分の知識の信用性を高めることが可能です。

試験期間の間に試験を受け、提出期限に間に合うように解答用紙を送付する必要がありますので、試験を受ける前に日程の確認をすることが大切です。

3位温泉ソムリエ

温泉ソムリエは、温泉ソムリエ協会が行う半日間のセミナーもしくは1泊2日の認定ツアーに参加することで獲得することができます。そのため、試験を受けることが苦手な人でも安心して取得できる人気の資格です。

温泉ソムリエを目指すためには、温泉ソムリエ協会に申し込みのメールを送る必要があるのですが、返信メールが迷惑メールフォルダとして扱われてしまうことがありますので、必ず迷惑メールフォルダも確認しなければいけません。

温泉ソムリエツアーは、楽しく温泉に入りながら温泉のことを学ぶことができますし、温泉ソムリエ認定セミナーでは260ページもあるテキストでしっかりと学ぶことができます。

楽しく温泉のことを学ぶことができる資格ですので、高い人気があります。

4位 温泉観光士

日本温泉地域学会が主催する温泉観光士は、温泉観光地として有名な草津市が後援している講座に申し込むことで取得できます。温泉に関する知識を多く持つ専門家の講義を受講し、温泉の基礎知識や観光や保養温泉地域の活性化に協力できるスキルを学ぶことが可能です。

講義を受け、野外実習を行って試験に合格することができれば、温泉観光士の資格を手に入れることが可能です。18歳以上で学ぶことが好きな人であれば、自由に申し込むことができるのですが、募集定員が50人となっていますので、早めに申し込むことが大切です。

5位 温泉保養士

温泉保養士は、バルネオセラピストとも呼ばれている、温泉医学や予防医学を活用した温泉療法による健康づくりをアドバイスできる資格です。温泉保養士は、温泉の利や活用法、温泉地の健康的な過ごし方を教えることが出来る人材です。

温泉保養士の資格は、日本温泉保養士協会が行う養成講習会を終了し、認定試験に合格することで手に入れることができます。温泉の基礎や温泉分析書の解読法を講習会で学び、試験を受けるので、温泉のことにあまり詳しく無い人でも、基礎からしっかりと学ぶことができるでしょう。

温泉事業や観光事業の人や、温泉に興味を持っている人など、多くの人が参加しているのですが、資格を取得した人は、様々な場所で活躍しています。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ