通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

焼酎資格人気ランキング

time 2017/06/26

1位:焼酎セレクトマイスター

「ビールで乾杯!その後は焼酎で」と言われる方が多いです。居酒屋さんでは、焼酎をキープされている方も多くおられます。このような独特の風味を持つ焼酎ですが、その焼酎について極めた方が所持している焼酎資格があります。焼酎にも歴史があり、その地方ならではの製造方法や香り、味わいなどについて知識やスキルを習得していけば資格を取得することができます。中でも焼酎愛飲家の方やお酒のお店で働かれている方などに人気のある資格が、日本安全食料料理協会が認定している焼酎セレクトマイスターという資格です。焼酎についての基本的な知識やスキルだけでなく、ロックや水割りなど、どのような工夫をすればより美味しく飲むことができるかを学びます。居酒屋で働きながら焼酎セレクトマイスターになられた方の口コミ評判をご紹介します。

『私は居酒屋で働いています。私が働く居酒屋は、店長さんが焼酎好きなこともあって全国の焼酎を売りにしているお店なのです。お客様によっては、「私は芋が大好き!」と言いながら、毎回同じ銘柄の芋焼酎を注文される方もおられます。また、芋、麦、米に関わらず、毎回違ったメニューを注文される方もおられるのです。私は、将来的にお酒のお店を持ちたいと思っていましたので、焼酎をお客様にお出しするためには、自分がしっかりとした正しい知識を持っておかなければという思いで、日本安全食料料理協会の焼酎セレクトマイスターの資格取得を目指し、合格することができました。焼酎の歴史や原材料の知識やロックや水割りなどの作り方や飲み方、地方によって異なる気候や風土によって、その製造方法や味わいが変わるなどの知識を得ました。今の仕事に生かせると同時に、将来のためにも取得してよかったと思っています。』

2位:焼酎セレクトアドバイザー

お酒に関わる仕事を考えておられるのなら、今後経営をする、しないに関わらず焼酎の資格を取っておいたほうがいいでしょう。お酒の資格もいろいろありますが、人に指導、アドバイスができるようになる資格を多く認定している日本インストラクター協会の焼酎セレクトアドバイザーはおすすめの資格です。資格取得の勉強では、焼酎の製造方法やそれぞれの特徴などの基本的な知識はもちろんのこと、ロックや水割りなどの飲み方などについて詳しく知ることができます。その知識を生かして、自分自身のスキルアップと共に、お店のスタッフに指導したり、お客様相手に焼酎について語ったり、市民教室などで、焼酎についての講演をしたりすることができるようになります。唎酒の専門家がテレビなどで実際にお酒を評価されている場面をみます。

3位:焼酎唎(きき)酒師

唎酒の専門家がテレビなどで実際にお酒を評価されている場面をみます。お酒の資格の焼酎唎酒師は、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が認定している資格です。焼酎愛好家やお酒を主とした飲食店や酒類販売店で働いておられる方などが資格取得されています。飲まれる方の好みの焼酎を紹介したり、美味しい飲み方をおすすめしたりというコーディネートを行います。焼酎唎酒師は、産業能率大学で焼酎に関する講義を受講し、日本酒サービス研究会の認定試験に合格することで資格認定されます。実際に水溶液などを使った味覚トレーニングもあります。受講料、認定料、入会金、年会費等10万円ほどの費用がいります。少し高額になってしまいますが、焼酎が好きでじっくりと焼酎について学んでみたいという方には、おすすめの資格です。

4位:焼酎検定

焼酎検定は、日本酒サービス研究会が開催しています。最近よく実施される○○検定の日本酒版といえます。焼酎に関する多くの知識を証明する検定です。3級から1級までの4等級(3、2、準1、1級)に分かれています。焼酎の持つ魅力というものを多くの人に知ってもらうことを目的にした検定で、20歳以上の方なら誰でも受験できます。焼酎について勉強して自分の力を試して見たい方は、ぜひ受けてみられるといいでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ