通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

犬・ドッグトレーニング資格人気ランキング

time 2017/02/22

ペットとして飼われる動物には、たくさんの種類があるのですが、特に人気が高いのは犬です。多くの人が家族のように愛する犬のしつけをすることができる、ドッグトレーナーの需要は高く、資格を取得することによって、様々な場所で活動することができるでしょう。

1位 ドッグトレーニングアドバイザー

ドッグトレーニングアドバイザーとは、犬のしつけやトレーニングの仕方、修正などをきちんと理解した人に与えられる資格です。試験に合格することで、ドッグトレーニングアドバイザー認定証書と、ドッグトレーニングアドバイザー認定カードを手に入れることが可能です。

4択式の問題が合計100問出題され、70点以上獲得することができれば、合格となります。会場受験をする人の場合、定員に達すると申し込みが締め切られますので、早めに申し込みをすることが重要です。

2位 犬のしつけインストラクター

犬のしつけをすることができる犬のしつけインストラクターは、日本インストラクター協会で取得することが可能な資格です。種類によって異なる違いをきちんと把握し、しつけの際に使用する道具のことを知っている人材として認めてもらうことができるのが資格の特徴です。

成犬や老犬の扱いに必要なスキルを持っていると証明することができるため、実践的な技術も持っているとアピールすることができるでしょう。資格を獲得することで、犬のしつけインストラクターになることができ、自宅やカルチャースクールとして働きながら収入を得ることができるようになります。

3位 JCSA認定「ドッグトリマー」

ペットとして飼われることが多い犬の飼い主は、自分の家族のように考える人が多く、愛犬の身だしなみを整えたいと考えています。そのため、ペットの身だしなみを整えることができる、ドッグトリマーの需要が高くなっています。

JCSA認定「ドッグトリマー」の資格を取得することができれば、動物病院やペットショップなどで活躍することができるような人材になることが可能です。JCSA認定「ドッグトリマー」はJCSAが認定する学校でドッグトリマー養成専門講座を受け、認定試験に合格することで獲得することができる資格です。

ドッグトリマー養成専門講座は、5ヵ月間かけて基礎的な情報を学びながら、技術も身に着けることができますので、ドッグトリマーに必要なことをしっかりと勉強することができるでしょう。講座終了後に受ける試験は、在宅で回答することができますので、梨ラクスしながら問題を解くことが可能です。

試験に合格すると、マスターライセンスを取得することができます。

4位 JCSA認定「ドッグトレーナー」

ペットショップで可愛いと思って犬を購入する人は多いのですが、ペットのしつけに悩み、近所トラブルに発展することがあります。そのため、家庭犬をきちんとしつけることができる、JCSA認定「ドッグトレーナー」資格所持者の存在が重要視されています。

JCSA認定「ドッグトレーナー」は、犬のしつけの他に、トレーニングの方法や飼い主に対する適切なアドバイスができる人材として認めてもらうことができる資格です。JCSA認定「ドッグトレーナー」資格を得るためには、JCSA認定のドッグトレーナー養成専門講座を受講しなければいけません。養成育成講座では、しつけをする意義や正しい褒め方と叱り方、命令の出し方など、ドッグトレーナーに必要な技術を得ることができるようになっています。

JCSA認定「ドッグトレーナー」資格を取得後、実技研修を受けることによって、上級資格であるドッグトレーナーインストラクターライセンスの取得も可能となっています。

ドッグトレーナーインストラクター資格は、A級とB級、C級の3種類が存在しており、それぞれ必要な単位取得時間が異なりますので、自分に合ったドッグトレーナーインストラクターの資格取得を目指すことが大切です。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ