通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

犬・猫ペットブリーダー口コミ評判

time 2017/06/21

犬・猫ペットブリーダー口コミ評判

ペットを飼う人が増え、家族として接することが一般的になりました。ペット用のバースデーケーキやお墓なども登場し、いわゆるペット産業はここ数十年で大きく変化していますね。そんな中、信頼できるブリーダーも求められる人材となっています。「犬・猫ペットブリーダー」とは、どんな資格なのでしょうか?

ブリーダーとは?

動物の繁殖や品種の掛け合わせなどを仕事にしている人を、ブリーダーと呼びます。広く動物全般について指す言葉ですが、日本では犬や猫を扱う人を意味することが多いようです。家庭で数匹飼うケースから、広い敷地などを確保し大規模に飼育するケースまで、その規模はさまざまです。動物を繁殖させ、子犬や子猫に基本的なしつけや予防接種を行い、譲渡することで利益を得ます。母犬や母猫など成体には、十分な運動や出産前後のケアも必要です。近年、金銭を目的に不衛生な環境で飼育したり、無理な妊娠・出産を繰り返させたり、十分なえさを与えなかったりと、流行の犬種の販売を当て込んで繁殖させた後大量に保健所へ処分を求めるような悪質なブリーダーの行為が摘発される事例もあり、倫理観と愛情を持って従事すべき仕事の一つになっています。ブリーダーになるための免許などは現在ないため、「犬・猫ペットブリーダー」などの資格が信頼性を高めるための手段となっています。

犬・猫ペットブリーダーに必要な知識

まずは、犬や猫を健康に飼育できる能力が必要です。適切な用具や環境、健康を維持するためのえさや運動などについて把握しておかなければなりません。そのうえで、「犬・猫ペットブリーダー」には繁殖や品種改良についての専門知識やブリーダー業務についての理解が求められます。ブリーダーに必要な設備、動物取扱業の申請などを含む開業準備、経費や収入、宣伝について、顧客との取引方法など、その知識は多岐に渡ります。また、知識を有するだけでなく、命を扱う仕事だということを自覚することが大切な資格でもあります。

資格の取得方法は?

「犬・猫ペットブリーダー」の資格を認定するのは、日本生活環境支援協会という団体です。犬・猫ペットブリーダー認定試験を受けるためには、日本生活環境支援協会のホームページからインターネットを通じて受験申請する必要があります。その後、自宅に受験票、試験問題、解答用紙が送られてくるので、受験料と引き換えに受け取りましょう。受験料は、10,000円(税込)です。その後、定められた期日の内に自宅で受験し、解答用紙を日本生活環境支援協会へ返送します。採点を受け、全体の70%以上の正答率であれば合格となります。受験資格は特になく、試験は2ヶ月に1回行われています。詳しいスケジュールは、日本生活環境支援協会のホームページを確認してください。

犬・猫ペットブリーダーの口コミ・評判は?

ペット産業の隆盛に伴い、認知度も上がって来たブリーダーという仕事。ペットブームの際には、トップブリーダーというワードも話題になりました。実際に、「犬・猫ペットブリーダー」の資格を取得した人や認定試験のために勉強している人からは、どんな声が聞かれるのでしょうか?

「犬や猫が好きで、それに関わる仕事がしたいと思っていました。でも、ビジネス目的で愛情もない繁殖業務の会社には、どうしても就職したくなくて……勉強して、自分で開業することにしました。資格の勉強のため、ブリーダーの業務についての知識がつき、仕事に生かせています」
専門的な知識だからこそ、仕事に役立てている人が多いようですね。個人での子犬や子猫の譲渡の際には、資格の有無が信頼性を判断する基準にもなっているようです。

「犬を飼うようになり、ドッグショーの魅力を知りました。品種それぞれのフォルムや毛並などを反映させた犬に育ってほしいと願いながら、副業的にブリーダーをしています。健康で元気に大きくなっていると飼い主さんから報告を受けるのが嬉しいですね」
大規模な繁殖を扱うのではなく、数頭の飼育ブリーダ-ももちろんいます。犬や猫や好きな人にとっては、趣味を兼ねた副業でもあるようです。

「犬・猫ペットブリーダー」は、免許が不要なブリーダー業において、客観的に知識や専門性を証明してくれる資格です。認定試験は誰でも受けられますので、詳細を知りたい人はぜひ日本生活環境支援協会に問い合わせてみてくださいね。
ブリーダー  ブリーダー

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ