通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

猫の育て方アドバイザー口コミ評判

time 2017/06/17

自由気ままな性格や愛くるしい姿で私達を魅了する猫。古代エジプトの時代から人間と関わりが深いと言われている猫ですが、ペットとして猫を飼う環境は、ここ数十年で大きく変わりました。「猫の育て方アドバイザー」とはどんな資格なのでしょうか?

猫の育て方アドバイザーとは?

猫を育てるうえで必要な知識に精通した人に与えられる資格です。猫の飼育ためには必要な物がいろいろあります。そろえなければならない用具、エサなどがあり、費用も必要です。猫が暮らすうえで安心できる環境づくりも、飼い主の義務です。もちろんトイレなどのしつけ、毛や爪などの手入れ、動物病院についての理解、去勢や避妊についても知識を持ち、指導できる人が「猫の育て方アドバイザー」なのです。

なぜアドバイザーが必要なの?

猫は昔から人間に飼われてきた身近な動物です。しかし、私達の社会は短いスパンで変化することが多く、特にペットの飼い方については、ここ数十年で大きな変化を遂げています。猫についても、「家に立ち寄ることがある、なついている野良猫」ではなく、「家族の一員」として扱われるようになっています。病気などを持ち込む可能性がある放し飼いではなく、家の中で暮らす室内飼いが主流になっています。ここ数十年で、ペットフードの品質は改良によって向上し、病気に対する獣医の治療技術も高まっていることにより、寿命も以前よりとても長くなりました。ですから、飼い猫が寿命を迎えるまで、きちんと世話をすることが飼い主には求められます。また、猫に関わることがない人にはあまり知られていませんが、猫の繁殖メカニズムは人間や犬と異なります。猫は交尾の刺激によって排卵するため、交尾があればほぼ必ず妊娠します。このため、猫の放し飼いは望まれない野良猫を作ってしまう可能性が高く、時には糞尿被害や衛生面を損なうことにより、自宅や近所の住環境に悪影響を及ぼします。無責任な飼い主が「飽きた」「面倒だ」と猫を捨てて野良猫になれば、何度も繁殖を繰り返します。全国の保健所などで処分される野良猫・家猫は、毎日後を絶ちません。「猫の育て方アドバイザー」が飼い主にきちんと正しい飼い方や猫を家族に迎える心構えを指導することにより、全ての猫が幸せに暮らし、寿命を全うできるようになるのです。

どうすれば資格が取れるの?

「猫の育て方アドバイザー」の資格を認定しているのは、日本生活環境支援協会です。資格を取るためには、猫の育て方アドバイザー認定試験を受ける必要があります。試験は2ヶ月に1回実施され、受験資格は特にありません。受験を希望する人は、インターネットを通じて申し込みます。日本生活環境支援協会から、受験票、試験問題、解答用紙が送られてきますので、受験料と引き換えに受け取りましょう。受験料は、10,000円(税込)です。定められた期日の間に自宅で受験し、解答用紙を日本生活環境支援協会に返送します。採点を受け、全体の問題数の70%に正答していれば、合格となります。

猫の育て方アドバイザーの口コミや評判は?

これまでに「猫の育て方アドバイザー」の資格を取得したり、認定試験の受験のためにしている人は、どんな感想を持っているのでしょうか?口コミを探してみました。

「小さい頃から猫を飼っている家で育ちました。猫カフェで働いてみたい、と思い、資格を取りました。知っていることもありましたが、知識をちゃんと整理できてよかったです!」
受験者の多くが愛猫家であるようです。猫カフェで働くには、より詳しい知識が役に立ちますね。

「ボランティアで猫の里親探しをしています。野良猫も飼われている猫も、全てが幸せになってくれたらと願っています。人にアドバイスする時に役に立つかなと思って受験しました。多くの人や猫の助けになりたいです」
猫の飼い方について具体的に助言できるのが、「猫の育て方アドバイザー」です。資格を生かして活躍する人も大勢います。

「猫の育て方アドバイザー」は、単純に猫を可愛がるだけでなく、飼い主としてどのように猫と関わるべきかをしっかり指導できる人に認定される資格です。猫が好きな人は、ぜひトライしてみてくださいね。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ