通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

福祉資格人気ランキング

time 2016/11/21

福祉資格人気ランキング

加速する高齢化社会で必要な福祉関連の職業に就く方が多くなりました。福祉の仕事も多様化してきており、それに加え福祉に関する資格も増えてきています。また、他の分野に比べ国家資格が多く、受験資格も定められており、特定の学校で基礎をしっかり学び、知識を身につけた上であったり、実務経験が必要であったりします。ますます需要が高まっていく福祉の資格をランキングします。

1位  福祉心理カウンセラー

福祉心理カウンセラーは日本アロマメディカル心理セラピー協会(JAAMP)が主催の資格です。福祉や心理学の知識があり、カウンセラーとしてのスキルが一定以上ある方を認定します。資格取得後は、カウンセラーとしての活動ができます。福祉関連で働きたいという方のほか、自分の家族のために資格を取得するという方も増えてきています。福祉関連の資格では取得しやすい資格であるということで人気があります。

2位  福祉心理アドバイザー

日本インストラクター協会(JIA)主催の資格である福祉心理アドバイザーは、福祉における様々な心理学の知識があり、人に教える能力が一定以上あると認められた方に与えられます。受験資格は特に定めておらず、また、受験も在宅受験できるため福祉関連の資格の中では取得しやすくなっているので人気があります。資格取得後は自宅や福祉の現場、スクール等での講師としての活動が可能です。

3位  介護福祉士

国家資格である介護福祉士は、ケアワーカーとも呼ばれています。公益財団法人社会福祉振興・試験センターが主催で介護福祉国家試験を行います。病院や介護施設、自資格を取るのに、実務経験が必要であったり、福祉系の大学を卒業するなどすぐに取得できる資格ではないのですが、介護の仕事に就きたい方には人気のある資格です。

4位  福祉住環境コーディネーター

福祉住環境コーディネーターとは、住宅や老人ホーム、公園や図書館、学校など、建物の中を住みやすく、安全な場所であるように提案するアドバイザーです。医療、福祉、建築についての基礎知識が必要となってきます。福祉住環境コーディネーターの検定試験は東京商工会議所検定センターが主催で行っており、1級から3級まで資格取得者は、老人ホームやケアサービス、介護用品のレンタル会社建築会社リフォーム会社で必要とされている人材であるため、福祉だけでなく建築にも興味がある方や、キャリアアップされたい方に大変人気の資格です。

5位  社会福祉士

社会福祉士とは、福祉サービスを受けたい方の相談や日常生活が滞りなく送れるよう手助けする専門能力を持っている方のことです。この資格はソーシャルワーカーとも呼ばれる国家資格となっています。多様化するサービスに対応できるようにこの資格を取得する方もおられます。これからも社会福祉が必要な社会になってくるので社会福祉士の重要度は高まる一方です。

6位  保育士

保育所、児童福祉施設、児童館などで子どもの教育、子どもの生活を全般的にみる仕事です。保育士は国家資格であり、保育士試験に合格した方が、各都道府県に登録し、保育士として活動することができます。一度取得すると一生使える資格のため、子ども好きの方や身につけた知識や子育てに役立つことから人気の高い資格となっています。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ