通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

空間デザイン資格人気ランキング

time 2016/10/17

空間デザイン資格人気ランキング

インテリアデザインは、そこにある与えられた空間にどのようなインテリアを配置するかの能力が問われますが、空間デザインは空間そのものを生かし、空間の存在を殺すことなく、インテリアを配置することになります。インテリアデザインには遠心力が働き、空間デザインには求心力が働く訳です。自宅、オフィスからアートギャラリー、駅前空間そして自然公園まで、大小さまざまな空間の利用を考える独創的な作業です。

空間をデザインする「空間デザイナー」は、扱う空間が限りなく広がります。まず始めることは、与えられた空間にどのように光と色彩を取り入れ、演出するかです。そのイメージが固まったら、空間を生かしながらどのようにインテリアを配置するかを考えます。そこには真に壮大な夢を実現する充足感があります。

街路に映えるショーウィンドー、陳列される商品など、街には驚くほどの情報量にあふれています。その中で知らず知らずのうちに目に留まり、思わず手に取ってしまいたい商品が陳列されています。デザインや陳列の仕方で、商品の魅力が強く表現され、人に訴えかけます。空間と商品の魅力を演出できる人を養成する資格が空間デザインです。知識と技術を活かし、何もない空間からメッセージ性のある空間を創り上げるスペシャリストでしょう。

ランキング1位「空間ディスプレイデザイナー」資格

日本デザインプランナー協会(JDP)が試験で認定する資格です。空間ディスプレイデザイナーとして、空間の色彩や照明、インテリアの選定・配置・演出、ビジュアルマーチャンダイジング(VMD、商品のビジュアル化)についての知識や経験が、一定レベル以上にあることを認定します。空間と陳列の知識・技術から色彩演出、照明技術などの技能が必要になります。

資格取得後は、自宅やカルチャースクールなどで講師活動ができます。認定試験と資格は1級と2級に分かれていて、それぞれ受験料1万円、在宅での試験受験ができます。まず2級から取得し、次に上位資格の空間デザインを行えると認められる1級にチャレンジするように、段階的に受験が可能ですから、計画的に取得できる人気の資格です。

2級試験の受験資格は特に制限はありません。受験料は1万円。インターネットからの申込みが可能で、在宅受験できます。合格基準は70%以上の評価が必要です。1級試験も2級と同様の扱いです。

日本デザインプランナー協会

資格TOPページ

ランキング2位「TALK食空間コーディネーター」資格

NPO法人食空間コーディネート協会(TALK-TCS)が独自の講習、試験を実施して認定する資格です。NPO法人の母体である「食空間と生活文化ラウンドテーブル(TALK)」が2009年に解散し、その目的を引き継いだのが食空間コーディネート協会です。

資格制度は、1級(現在設計中)から3級まで分かれています。食空間のスペシャリストとして、特に食空間をプロデュースする知識や技術を身につけ、レストランなどの飲食業、パーティーや食卓をコーディネートする資格です。

未経験の人は3級から始め、段階的に知識や技術を身につけることができます。講習会の受講料は2万円、受験料は一般1万円で、会員5000円です。料金は1,2級とも同額。

食空間コーディネート協会
http://talk-tcs.gr.jp/

ランキング3位「空間プランナー」資格

一般財団法人日本能力開発推進協会(JADP)が認定する資格。空間プランナーは、住宅など空間を構成する資材やインテリアなどについての基礎的な知識と、環境改善計画の立案やコンサルティングについて、専門的な知識を持っていることを認定する資格です。協会が主催する認定試験を合格すると資格が与えられます。協会指定の教育訓練講座のカリキュラムを60%以上得点すると、認定試験を受けられます。

日本能力開発推進協会

ホーム

ランキング4位「住空間収納プランナー」資格

日本収納プランナー協会(NSPK)が分析や収納プランニングに関する知識や技術が一定水準にあることを認定する資格。認定試験は、ベーシック・エキスパート・マスターの3段階に分かれています。資格取得のための学習方法として、公式テキスト、養成講座、通信講座、認定試験対策講座などが用意されています。

片づけができない依頼者の暮らしを理解し、その空間や心の問題を解決したり、住空間と収納空間のバランスを考えて、収納計画を提案する仕事です。受験資格は特にありません。合格基準は70%以上の正解率。受験料は5000円。

日本収納プランナー協会
http://www.nspk.org/

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ