通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

紅茶マイスター認定試験口コミ評判

time 2016/11/09

紅茶マイスター認定試験口コミ評判

ティールームやティーサロンなど、紅茶専門店の人気は、安定しています。なかでも高級紅茶専門店は、癒やしのひとときを与えてくれる贅沢な空間として、紅茶好きの人の間で根強く支持されています。そこでは紅茶いっぱいが三千円ほどしますが、人気ぶりにかげりは見られません。コーヒーがあくまで庶民的な飲み物であることに対して、紅茶は上流階級の飲み物として、昔から優雅さや上品さのシンボルのように扱われてきました。紅茶を主役としたティーパーティという響きにも、オトナ女子が集うエレガントなイメージがあります。

紅茶専門店の安定した人気に刺激されてか、最近では紅茶オーナーを目指す人が増えてきました。それに伴い、日本安全食料料理協会が主催する「紅茶マイスター認定試験」が、今、おおいに注目されています。
そこで、紅茶マイスター認定試験についてのネット上の口コミと情報について、調べてみました。

紅茶マイスターで紅茶マスターになる夢が叶う!

紅茶マイスターとは、紅茶オーナーとしての知識と、それを実務として活用できるだけの技能をもっていると認められた人に与えられる資格です。日本安全食料料理協会が年に6回実施している紅茶マイスター認定試験に合格することで、この資格を取得できます。同協会では紅茶アドバイザー認定試験も主催していますが、紅茶アドバイザーが紅茶についての基礎的な知識を問うことに対して、紅茶マイスターではより専門的な知識が問われ、紅茶オーナーとして経営を行えるだけの技能があるかどうかが、試されます。

そのため、紅茶オーナーになることまで考えていない場合は、紅茶アドバイザー認定試験を受けるだけで十分ですが、将来的に大好きな紅茶で独立したい、あるいは副業としたい場合は、紅茶マイスター認定試験を受けた方がよいでしょう。

紅茶オーナーとしてお店をもつためには、マーケティングの知識が必須になります。コーヒー専門店に比べると、紅茶専門店の数は少ないため、競合店があまりないというメリットはあるものの、お客さんを呼び込み増やすためには、コンセプトの考え方から広告の手法、顧客のニーズを満たすさまざまな仕掛けなどを、学ぶ必要があります。

紅茶マイスターでは、紅茶の知識よりも、紅茶の知識を活かすことで、どうやって収益を伸ばすかが問われます。マーケティングを制し、内装と設備を整え、魅力ある紅茶専門店を作るための総合的な戦略が問われます。

それだけに難しい試験という印象は拭えませんが、紅茶マイスター認定試験に合格することで、紅茶オーナーとして成功する可能性が高いことを、証明されたことになります。紅茶マイスターの資格があることで、開店や運営にかかる資金調達が、思いの外うまくいったという書き込みも、ネット上で見かけました。

今すぐでなくても、将来的に紅茶専門店をオープンしたいという夢があるなら、紅茶マイスター認定試験を受けることをおすすめします!

紅茶マイスター認定試験の口コミ・評判

紅茶マイスター認定試験は、紅茶オーナーとしての技能を試すための試験です。そのため、合格したという実績以上に、勉強して合格レベルの実力を養うことで、現実に役立てることこそが大切になってきます。

紅茶オーナーになるために必要なことを学ぶ際、紅茶マイスター認定試験の合格者の大半が勧めているのは、通信講座を利用することです。紅茶オーナーは起業全般から見れば、かなりニッチな世界に属するため、それを専門的に教えてくれる学校や市販本は、ほとんどありません。その点、通信講座では、紅茶オーナーとして成功するためのノウハウに的を絞り、知識と技能を集中して習得できます。

基礎から体系的に学ぶことにより、通信講座の修了生の多くは2ヶ月から6ヶ月の学習で、紅茶マイスター認定試験に合格できる実力に達しているようです。通信講座では紅茶についての知識も学べるため、紅茶アドバイザー認定試験も併せて受験する人がほとんどです。

通信講座を賢く活用することで、紅茶アドバイザーと紅茶マイスターのふたつの資格を、短期間の内に取得できます。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ