通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

絵画インストラクター認定試験口コミ評判

time 2016/11/06

絵画インストラクター認定試験口コミ評判

ただ好きな絵を描くだけのセラピーが、今、注目を集めています。最新の心理学の実験によると、45分だけ絵を描くことにより、ストレスが解消できることがたしかめられています。実験によると、絵が上手いか下手かは、ストレスの解消になんの影響も及ばさないそうです。絵画を描くこと自体が、精神的な安定をもたらすことが解明されるにつれて、介護施設や病院など、さまざまな場所で、絵画を描くセラピーが積極的に行われています。

しかし、絵画を描くといっても、経験が浅いと困ることになります。なにをどう描いてよいのか、わからないからです。そこで、現在、需要が高まっているのが、絵画の描き方を基本から教えてくれる絵画インストラクターです。絵画インストラクターは、日本インストラクター協会の主催する「絵画インストラクター認定試験」に合格することで付与される資格です。
今、人気の絵画インストラクター認定試験についてのネット上の口コミと評判について、まとめてみました。

絵画インストラクターはオトナ女子に大人気!

絵画インストラクターになるためには、デッサンとスケッチについてのさまざまな技法や専門知識、実際に思い通りの絵を描ける技術が、必要とされます。なにごとも基本は大切となります。二次元に過ぎない絵画を、三次元のように立体的に描写するためには、各種の遠近法や明暗法などの技法について、習熟していることが求められます。

絵画インストラクター認定試験に合格することで、絵画の描き方を人に教えられるだけの高い技能を有することが認定されるため、対外的な信用度が増します。介護施設や病院などで、セラピーの一環として絵画インストラクターの募集がされる場合においても、履歴書の資格欄に「絵画インストラクター」と記されていれば、大きなアピールポイントになります。

絵画を描くことに集中することで、人は知らずのうちにストレスをはき出し、精神的な安定感を得ることができます。子供が良い例です。子供は絵を描くことが大好きです。無心に楽しく絵を描く子供たちは、ストレスとは無縁です。でも大人になっても、子供のように絵を描くことに集中することで、人は童心に返ることがきます。絵画インストラクターは、絵を描くことを通して、ストレス軽減とリラクゼーションを図れるように生徒さんを導くことが仕事です。社会的な観点からみても、やりがいのある仕事といえるでしょう。
自宅やコミュニティサークルなどで、講師として活動することもできます。

また、副業までは考えていなくても、絵画インストラクター認定試験を目指して学ぶことにより、デッサンとスケッチのスキルがプロ級となり、高尚な趣味として人に自慢できるものになります。もちろん絵画を描くことは、自分自身のセラピーにもつながります。心が落ち着く癒やしのひとときを過ごすことで、心のエネルギーが充電され、仕事や家事・育児などにいっそう頑張ることができるものです。
こうした事情から、絵画インストラクターはオトナ女子の間で、今、ちょっとしたムーブメントになっています。

絵画インストラクター認定試験の口コミ・評判

絵画インストラクター認定試験の口コミと評判についてネットで検索してみると、合格者の多くが、絵画インストラクターの資格を取得してよかったと答えています。その理由として、案外、仕事に活かせる技能であることが、あげられています。

絵画とはなんの関係もないOLさんの場合でも、打ち合わせの際に、その場で素早くイメージをデッサンやスケッチとして提示することで、より具体的な検討ができること、ひいては契約がすんなりまとまることなど、思いがけないメリットにつながることを指摘する声が寄せられていました。

絵画インストラクター認定試験に合格するために、なにをすればよいのかを検索してみると、多くの合格者が、通信講座で学ぶことが一番の早道だと答えていました。不器用で、絵を描くことがまるきりダメだった人でも、通信講座で初歩的なことから手をつけることによって次第に上達し、すべての課程を終える頃には、自分でも信じられないくらい上手くなっていたと報告しています。

デッサンやスケッチにはコツがあります。基本的な理論からしっかりとマスターしていくことで、誰でもプロ並みの絵を描けるようになります。通信講座を賢く利用することで、絵画インストラクターとしてのスキルを身につければ、さまざまなシーンで役立ちそうです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ