通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

美健康食品マイスター口コミ評判

time 2017/06/14

「美しくあること」と「食べること」には、密接な関係があります。私達の体は食べたもので作られているからです。ハリやツヤのある髪、きめ細かい肌のためには良質なタンパク質が欠かせませんし、食べたものをスムーズに排出したり、代謝を活発にするためにはビタミンやミネラル、食物繊維などの栄養素の働きが必要です。「美健康食品マイスター」は、数ある食べ物の中でもスーパーフードに注目し、知識を深めた人に認められる資格です。

スーパーフードとは?

耳にする機会も多いスーパーフードですが、そもそも「スーパーフード」とはいったいなんなのでしょうか。スーパーフードの定義には、明確な数値基準などは定められていません。一般的には、栄養価が高く、またその栄養バランスも優れている食品を指す言葉のようです。また、栄養を多く含みつつ、食べやすいことやおいしさも兼ね備えている食べ物によく使われる言葉でもあります。一般社団法人日本スーパーフード協会では、スーパーフードの定義について、バランスの取れた栄養を多く含み、食材でありながら健康食品としての側面を持つという要素を指摘しています。「完全食品」という言葉もあり、スーパーフードと同じように使われることもありますが、完全食品には一つの食材だけで必要な栄養素を全て補う、というニュアンスが含まれていて、必ずしもスーパーフードと同一というわけではないようです。

美健康食品マイスターはどんな資格?

スーパーフードについての知識が深い人に与えられる資格です。栄養価が高いスーパーフードですが、単にカロリーに富んだ食品というわけではなく、美しい肌を作ったり、便秘の改善・ダイエット効果が期待できたりと、さまざまなメリットがある食品です。ただ、珍しい食材によく当てはめられるイメージが、「スーパーフード」にはありますよね。実は、私達日本人の食生活にはすでに定着している「味噌」「醤油」「納豆」などの発酵食品、大豆の栄養が詰まった「豆腐」、海外ではあまり食されない「わかめ」「のり」などの海藻などもスーパーフードなのです。広く食べられている「トマト」や「ブロッコリー」も、スーパーフードに分類されます。珍しい食品を食べることだけを推進する、というわけではなく、普段食べているものを改めて見直すことで得られるメリットがたくさんあるのです。「美健康食品マイスター」の資格取得のために学ぶことで、どんな食品をどのように食生活に取り入れて、どのような効果が期待できるのかを幅広く知ることができます。

どうやって資格を取得するの?

「美健康食品マイスター」の資格を得るためには、日本生活環境支援協会が行う試験に合格する必要があります。試験は2ヶ月に1回実施され、自宅で解答するシステムです。インターネットを通じて受験を申請し、代金引換で送られてくる受験票、試験問題、解答用紙を受け取ります。受験費用は10,000円(税込)です。期日までに解答用紙を日本生活環境支援協会へ返送し、採点を受けます。合格基準は、70%の正答率です。いきなり試験に臨むのではなく、各種資格講座で勉強してからトライする人が口コミでは多いようです。

美健康食品マイスターの口コミや評判は?

「美容関係の仕事をしているので、自分自身がキレイでいたいと思って、資格を取りました。何気なく口にしているものの役割や栄養について知ることができ、お客さんに話すときの自信がつきました」
仕事に生かすために資格を取得する人が、やはり多いようですね。食べることは基本なので、飲食店や介護施設、教育施設に勤務する人が興味を持つ傾向があるようです。

「スキルアップのために資格を探していて、美健康食品マイスターのことを知りました。将来、家族のためにおいしくて健康になれる食事を用意できるようになりたいです」
毎日の食事を見直せば、生活習慣病を予防し、健やかに過ごすことができます。知識を毎日の実践で生かせるのは、とてもいいですね。

「美健康食品マイスター」は誰でも勉強すれば挑戦できる資格です。ぜひおいしくて健康になれる食生活のスペシャリストになりましょう!

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ