通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

time 2016/11/05

鉛筆デッサンマスター認定試験口コミ評判

絵が上手いという特技は、想像以上に役に立ちます。ことにデッサンに長けていると、鉛筆一本だけで素早く描くことができるため、いつでもどこでも簡単に特技を披露できます。まして、そのデッサン画が周囲を驚かせるほど上手かった場合は、たちまち人気者になるケースもあります。ことに最近では、鉛筆画がちょっとしたブームになっています。

そんななか人気を集めているのが、日本デザインプランナー協会が主催する「鉛筆デッサンマスター認定試験」です。鉛筆デッサンマスター認定試験についてのネット上の口コミと評判について、調べてみました。

鉛筆デッサンマスターで鉛筆画のプロに!

日本では、美術への関心が軒並み高いことが世界的にも知られています。美術展は世界中の各都市で行われていますが、なかでももっとも集客が多いのは、常に日本であることは有名な話です。

絵画の基本がデッサンにあることは、よく知られています。優れた絵画を描くためには、多くのデッサンを繰り返す必要があります。どんな有名画家にしても、その基本は変わりません。鉛筆によるデッサンこそが、本格的な絵画を描くための、はじめの一歩です。

鉛筆画に興味があるのなら、絵を描くのが苦手だからとか、才能がないからと、あきらめる必要はありません。鉛筆画デッサンには、明らかにコツがあります。大切なことは、デッサンの基本を理解しながら、練習をすることです。闇雲に、手当たり次第にデッサンを繰り返しても、なかなか上達しないものですが、デッサンの定跡を学び、基本に忠実なデッサンを繰り返すことで、鉛筆デッサンの腕前は確実に上がります。

たとえば対象を描く際には、円や四角など、その対象物のもっている形態を把握することが、まずはじめに大切となります。次にタッチの強さを加減することによって濃淡の違いをコントロールし、質感を出していきます。光を常に意識する必要もあります。対象物に光が当たることで、陰影が生まれ、明暗が生じます。これらの要素をしっかりと描き込むことにより、二次元の鉛筆画は、三次元にあるような立体感を得られるのです。
こうした鉛筆画の数々の技法を極めたと認定されることで、鉛筆デッサンマスターの資格を得ることができます。日本デザインプランナー協会では年に6回、鉛筆デッサンマスター認定試験を実施しており、これに合格することで鉛筆デッサンマスターの資格が与えられます。

鉛筆デッサンマスターとは、鉛筆画のプロとしての卓抜な技能を有していることを証明するための資格です。鉛筆デッサンマスターが、イラストレーターやアニメーションの製作の分野で役立つことはもちろんですが、それ以外にも、実はさまざまな業界で重宝されています。建築物のラフ画や、広告のラフ画をはじめ、その他さまざまなプレゼンテーションやクライアントとの打ち合わせの際にも、その場でイメージをデッサンとして素早く表現できるスキルは役立ちます。

言葉だけでは伝わらないイメージも、具体的に鉛筆画として目に見える形にすることで、スムーズに商談が進むこともよくあります。ビジネスの現場においても、鉛筆デッサンマスターは、十分に価値がある資格なのです。

鉛筆デッサンマスター認定試験の口コミ・評判

鉛筆デッサンは、独学でいくら繰り返しても、上達するものではありません。熟達者に教わり、自分の描いた鉛筆デッサンを見てもらい、良いところ、修正すべきところを適格に指導してもらうことで、はじめて上達していくものです。

しかし、近くに鉛筆デッサンを教えてくれる学校は、なかなかありません。また仮にあったとしても、仕事に就いていたり、家事や育児に追われていると、学校に通うことさえ困難です。そこで、実際に鉛筆デッサンマスター認定試験に合格を果たしている多くの人が利用したのは、通信講座です。

ネット上の口コミや評判を検索してみると、通信講座を利用することで鉛筆デッサンの丁寧な添削を受けられ、それによって鉛筆デッサンのスキルが急激に上がったとする声を、いくつか拾うことができました。通信講座であれば、あえて学校に通わなくても、自分の空いた時間を利用するだけで、鉛筆デッサンの腕前を確実に上げられるようです。

絵を描くことが苦手だった人も、通信講座のカリキュラムにしたがって基本からステップアップしていくことで、全課程を修了する頃には、プロ並みの鉛筆デッサンを素早く描けるようになったと報告されています。

鉛筆デッサンのスキルは、一度身につけさえすれば、生涯にわたって役立ちます。鉛筆デッサンマスター認定試験の合格を目標に、通信講座で学ぶことで短期間のうちに、プロ級の腕前に達することができるようです。

down

コメントする




通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ