通信教育口コミ評判

通信講座や通信教育の評判

食育健康アドバイザー認定試験口コミ評判

time 2017/03/01

「食育」という言葉を皆様はご存知でしょうか?

食育とは、普段私たちが口にしている食物をバランスよく食べるためのさまざまな知識を身につけることや、食品・食器・食事のマナーに関することなど、

食事に関するすべての環境を整えることを指します。これは、私たちが人間生活を営み、健康を維持するためには必要不可欠な知識となっています。

実際に、「食育」に関する知識が豊富でも、その知識の量が客観的な尺度によって評価されたものを示せなければ、なかなか社会で活かすことは難しいです。

そこで、今回ご紹介するのは「食育健康アドバイザー」という資格になります。

この資格を取得し、食事に関する知識を身に付け、私生活や仕事に生かしている人たちが多く存在します。食に関する企業就職へのアプローチ、転職のきっかけ、講師活動やインストラクターと

して活動している人など、その使い道は多種多様です。

また、私生活なども含めて食事に関する環境を整えたいと考えているとてもオススメの資格となっています。

食育健康アドバイザーとは?

冒頭にも話したように、食育とは食の環境すべてに関することになります。

生活習慣病や病気にかかっている人・病気を予防したい人はまず、食に関する環境を整え、知識を身につけなければいけません。

この資格は、食育の基本的な知識を有していることを認定されます。

例えば、食育基本法、諸外国の食育に対する取り組み、食育と生活習慣病との関連性に関する知識を有していることが証明されます。

資格取得後は?

資格取得をすれば、まず自身の食生活に関する知識が向上し、「健康を維持」することの一助となることは間違いありません。

また、飲食店に勤務している人、食品を取り扱っている人、食品を扱う業界で働きたい人、この知識を誰かにレクチャーし、活動するといった選択肢の幅があります。

また、合格者には合格認定証、認定カードを有料(各5,500円)にて発行しております。こちらの合格証を店頭などに掲げれば、店の信頼性や集客に良い影響があるでしょう。

日本安全食料料理協会とは?

こちらの資格は日本安全食料料理協会という協会が主催している資格となりますが、こちらの協会では食に関するさまざまな資格を認定している協会です。

日本安全食料料理協会は、食品・料理技術の各スキルの水準がある一定以上であることを認定するものです。

このほかにも、私たちが普段なじみ深い食品に関する資格などを取り扱っているため、食に関するプロフェッショナルを養う協会となっています。

こちらの協会で何らかの資格を取得し、活動している人が多数存在するため、非常に信頼のできる協会となっています。

受験方法や受験料などは?

受験料:1万円

受験資格:特になし

受験申請:インターネットからの申し込み

受験方法:在宅受験

合格基準:70%以上の評価

試験日程:2月、4月、6月、8月、10月、12月の2ヶ月に1回

口コミ評判

実際にこちらの資格を取得した方の声

・「周りに同じ資格を持った人があまりいないので競争が少なく、パーソナルな資格である」

・「こちらの資格を取得したのちに、飲食店を開業した」

・「2ヶ月に一度の在宅受験であるため、非常に試験への取り組みが簡単だった」

などといった声があるようです。

まとめ

こちらの資格は、在宅受験であることが試験へのアプローチを容易にしているため、主婦や転職を考えている人にとても向いている資格といえます。

また、さまざまな通信講座の資格と比較しても1万円という金額は非常に安いと思います。諸外国より日本の方が、食育に関する知識は進んでいるため、資格取得自体はインターネッ

トなどで勉強することで容易であると思います。

また、試験がとても不安な方は事前に通信講座などで勉強するのもありかと思います。(通信講座HP:https://www.designlearn.co.jp/syokuiku/syokuikukenkou/)

こちらの資格が実際に気になった方は、日本安全食料料理協会のHP(https://www.asc-jp.com/test/syokuiku/)にアクセスし、チェックしてみるといいでしょう。

通信教育を検索

通信教育で資格取得

通信教育で学ぶ